永作博美の不妊症の原因!不妊治療をどうやって克服した?

スポンサーリンク

美しい40代として、人気の高い永作博美さん。2人のママとしても、活躍しています。いずれも、高齢出産。第一子を妊娠する前には、2回の流産を経験しています。また、不妊治療を始めた時には、「子供ができにくい体質」と言われたそうです。永作博美さんは、どのようにして不妊治療を乗り越えたのでしょうか?

ひどい冷え性だった!冷え性だと妊娠しにくいのはなぜ?

流産を2回繰り返すことを、反復流産と言います。流産を繰り返す、母体側の原因の1つが、ホルモンに関する要因です。ホルモンに関する問題の原因となるのが、冷えや血行不良です。永作博美さんは、ひどい冷え性でした。

冷え性の女性は、卵巣が冷えています。卵巣や子宮は、他の臓器と比べて、冷えによる影響を強く受けます。卵巣が冷えていると、健康な卵子が作られなくなります。また、血行が悪いと、子宮内膜が十分に育ちません。着床しにくくなり、着床しても、流産の可能性が高いとされています。

→はしのえみの不妊治療法!高齢出産でも元気な子供を産むには?

冷え性を改善するためにお風呂と食材を工夫

流産を繰り返した永作博美さんは、“流産を繰り返す女性の駆け込み寺”として有名な産婦人科クリニックに通院するかたわら、冷え性を改善することに努めました。

第一子を妊娠する前に力を入れたとされるのが、入浴の仕方。木酢液やにがりを入れたお風呂に入って、体を温めたと言います。また、冷え性に効く食材を、積極的に取り入れたとされています。温め効果が高い食材の代表が、生姜です。ナッツ類も、冷え性の改善に良いとされています。東洋医学では、根菜、梅干し、味噌、醤油、しじみ、イカなどが、陽の食べ物と言われています。

スポンサーリンク

→山瀬まみに子供がいない理由!不妊治療は行っていたのか?

38歳で不妊治療を始めて39歳で第一子を出産

専門のクリニックに通院して、不妊治療を始めたのが、38歳の時。38歳の女性が、排卵日に性交渉を行なった場合、妊娠する確率は、約8%と言われています。永作博美さんが、第一子を妊娠するために、不妊治療をどのステップまで受けたのかは、明らかにされていませんが、自然妊娠の確率は、40歳になると5%に落ち込みます。

タイミング療法の妊娠率は、5~6%人工授精になると、7~9%になります。永作博美さんは、第一子を39歳で出産しています。ちなみに、不妊治療を受けた人の平均的な治療期間は、25ヶ月とされています。冷え性の改善が、不妊治療の効果を出しやすくしたのでしょう。

→東尾理子の不妊治療の費用!何回目で妊娠に成功した?

今回のまとめ

38歳で結婚した永作博美さん。すぐに不妊治療を始めますが、2回の流産を経験します。流産を繰り返す、母体側の原因の1つが、冷えや血行不良です。永作博美さんは、ひどい冷え性でした。

不妊治療を受けながら、生活を改善して、冷えを防ぐようにしました。入浴の仕方や食材に、注意を払ったと言われています。冷え性が改善されたことが、不妊治療の効果を上げやすくしたようで、39歳で第一子を出産しています。

スポンサーリンク

→宇多田ヒカルの不妊の原因と不妊治療!子宮の病気との関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です