ダウン症を予防する方法!早期の葉酸摂取で7割リスクを軽減

スポンサーリンク

ダウン症とは、正式名称を「ダウン症候群」といいます。通常は1番目から22番目までペアになっている染色体が、ダウン症では21番目の染色体が1本多く3本あるために起こる生まれつきの疾患です。

標準型21トリソミーと呼ばれていて、ダウン症全体の95%を占めています。精子と卵子が作られた時の異常という意見が濃厚で、誰でもなる可能性のある症状です。

ダウン症の特徴は、知的発達の遅れや、丸くて起伏のない顔・吊り上がった目・小さい耳といった特有の顔立ちなど、典型的な特徴を持ち合わせています。

難聴や視覚障害(遠視や乱視)を併発するなどの合併症を持つことも多く、小さい頃は体が弱い子供もいます。ただ、個人差は激しく重い合併症にかかる子もいれば、ほとんど合併症がない子もいます。

ダウン症の原因について

ダウン症の原因として考えられるのは、精子・卵子の分裂異常、受精卵の分裂異常、遺伝と言われています。遺伝については、ダウン症の中でもさらに数パーセントの確率で起こるものなので、極めてまれなケースといえます。

精子・卵子の分裂異常や受精卵の分裂異常は、基本的には偶然起こるものです。そのため、誰にでも起こりうる症状なのです。

また、ダウン症は全体の1/1000という確率で産まれてきますが、精子・卵子の加齢による機能低下によって起こりやすくなるとも言われています。

従って出産時の年齢が上がるほど、ダウン症の子供が生まれる確率も上がるということになります。具体的な確率は、20歳で1/1600、30歳で1/900、40歳で1/100という統計があります。

スポンサーリンク

→エストロゲンを増やすサプリメント!何故葉酸サプリが効果的なのか?

ダウン症を予防することはできるのか?

ダウン症を予防するには、葉酸を十分に摂取することです。葉酸は、染色体のコピー複製に欠かせない栄養素で、葉酸を十分に摂取すると、ダウン症のリスクは70%軽減されるとされています。

これはアメリカやイギリスなどが合同で行った臨床実験の結果ですが、ダウン症等先天異常の発症率は、日本はアメリカの8倍、イギリスの6倍とされています。高齢出産の増加や、野菜を食べる機会が減ったことが影響しているといわれています。

→妊娠中に納豆が良いのは葉酸が取れるだけじゃない!

葉酸をサプリメントで効率的に補う

葉酸サプリを選ぶポイントは、モノグルタミン酸型葉酸かどうかです。モノグルタミン酸葉酸は吸収率が高く、厚生労働省も推奨しています。吸収率の高いモノグルタミン酸葉酸を、酵母に含有させたのが、ベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリは天然酵母葉酸100%です。葉酸は天然素材由来で、21種類の野菜も使われています。野菜不足を解消するためにも、お勧めの葉酸サプリです。

→今すぐベルタ葉酸サプリの詳細を見る

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です