AFC葉酸サプリの添加物は危険?妊娠中にオススメのサプリはコレ!

スポンサーリンク

AFC葉酸サプリは、1個当たり1,800円と、お財布に優しい価格となっています。定期購入などを利用すれば、単価はもっと下がります。でも、金額だけで葉酸サプリを決めてもいいのでしょうか。AFC葉酸サプリには、最低限満たしておきたい栄養素が入っています。それでいてドラッグストアなどの葉酸サプリよりも添加物を少なめにしています。

AFC葉酸サプリの葉酸は、モノグルタミン酸型の合成葉酸です。厚生労働省が推奨している、吸収のいい葉酸です。葉酸の吸収を助けるビタミンB6、B12、Cも入っています。

AFC葉酸サプリの添加物は本当に危険なの?

AFC葉酸サプリの添加物の中で、唯一気になるのは「増粘多糖類」です。増粘多糖類にもいろいろありますが、AFC葉酸サプリに使われている増粘多糖類は「アラビアガム」でした。

アラビアゴムの木から摂れる樹脂で、水溶性の食物繊維です。乳化のためや粘り気を増すために、お菓子やアイスクリームに使われています。また、コカ・コーラやガムシロップに使われているのが有名です。妊娠中のウサギに大量に投与したところ、ウサギの母体が中毒になりましたが、これは体重50Kg の人間に換算すると毎日40g摂ったという量です。

錠剤では多くても1日分当たり0.001g程度なので、特に心配はいりません。

また、安全性に定評がある添加物として、「還元麦芽糖水飴」「還元パラチノース」「セルロース」「HPC(ヒドロキシプロピルセルロース)」「ステアリン酸カルシウム」「シェラック」「トウモロコシたん白」「酸化防止剤(ビタミンE)」などがあります。それぞれ安全性には問題がないといわれている添加物です。

また、品質と安全性については、GMP認定工場での製造であること。GMP認定工場とは、安全に製造されていて、一定の品質が保たれているという国のお墨付き工場のマークのことです。AFC葉酸サプリは、このGMP認定工場で製造されているので、品質は保証されています。また、放射能物質も「検出せず」のチェック済みです。

スポンサーリンク

→葉酸サプリの危険性とは?デメリットや副作用も把握しておく事

鉄分や栄養分が欲しいと思ったらベルタ葉酸サプリ

AFC葉酸サプリの成分で、やはりちょっと鉄分が足りないな、と思ったり、もっと栄養分がほしいな、と思ったら、ベルタ葉酸サプリをお勧めします。ベルタ葉酸サプリには、葉酸の他にも13種類のビタミン、14種類のミネラル、さらにアミノ酸20種類等が含まれています。

また、鉄分の推奨量は妊娠初期が8.5mgで、妊娠中期~後期が21mgです。ベルタ葉酸サプリには鉄分が16mg含まれているので、十分足りています。価格は単品で5,980円、定期購入にすると3,980円と、ちょっとお高いです。

AFC葉酸サプリでも葉酸等補えるものは多いですが、より万全に備えようと思ったら、ベルタ葉酸サプリがお勧めです。

スポンサーリンク

→妊娠中に葉酸を飲んでない人と飲んでいる人の決定的な違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です