野田聖子の不妊治療方法!不妊と子供の障害の関係性

スポンサーリンク

不妊治療歴10年の末に、50歳で出産した、野田聖子さん。野田聖子さんは、どのようにして、子供を授かったのでしょうか?野田聖子さんが授かった子供は、重い障害を抱えて生まれてきた事が、明かされています。不妊治療と子供の障害は、関係があるのでしょうか?

体外受精に14回失敗して卵子提供を受けるために渡米

野田聖子さんは、40歳から不妊治療を始めました。タイミング療法から徐々にステップアップして、体外受精は14回挑戦しています。その全てに失敗し、最終的にトライしたのが、卵子提供を受けての妊娠です。アメリカのネバダ州に渡り、卵子提供を受けます。卵子提供に使った費用は、500万円と言われています。

卵子提供による体外受精は成功し、野田聖子さんは、出産に至ります。出産に際し、野田聖子さんは、子宮の摘出を余儀なくされています。生まれた赤ちゃんも、重度の障害を抱えていました。臍帯ヘルニア、心臓疾患、食道閉鎖症などを患い、新生児集中治療室で治療を受けます。また、脳梗塞も起こし、右半身麻痺の状態に陥りました。

→山本モナの不妊治療期間!妊娠しやすくするためにやっている事は?

実は増えている卵子提供による出産!9割がハイリスク出産

卵子提供を受けるためには、200~500万円の費用がかかるとされています。しかし、近年、不妊治療の末に卵子提供を受け、妊娠する女性が増えています。2012年には、3年前の約3倍に急増しています。

卵子提供による出産は、厚生労働省研究班の調べによると、この4年間で、117件。そのうち、93件は、海外で提供を受けていました。母親の平均年齢は、45.2歳。最高齢は58歳です。

卵子提供による出産について、読売新聞が全国の周産期母子医療センターを対象に実施したアンケート調査では、9割が、特別な管理が必要な「ハイリスク出産」とされています。

スポンサーリンク

→中井美穂と古田敦也の不妊の原因!なぜ不妊治療は成功しなかったのか?

卵子提供による出産には早産や低出生体重児のケースが少なくない

日本では、まだ卵子提供による出産に関する、組織だった調査は、あまり行われていません。卵子提供を受けたと、妊婦から申告があった場合、その出産に対応した産婦人科医が語るところでは、卵子提供による出産では、早産や低出生体重児が、少なくないと言います。

低出生体重児とは、体重2500グラム未満の赤ちゃんです。低出生体重児の割合は、この30年で2倍になったとされています。不妊治療による多胎、高齢出産による早産の増加などが、影響していると考えられています。小さく生まれた子供は、知的障害、視力障害、聴力障害、脳性まひ、てんかんなどを持ちやすい事が、分かっています。

→益子直美の不妊治療!なぜ子供を授からなかったのか?

今回のまとめ

50歳で出産した野田聖子さんは、卵子提供を受けて妊娠に至った事を、明かしています。卵子提供による出産は、近年、増えています。平均年齢は、45.2歳。卵子提供による出産の9割は、ハイリスク出産とされています。妊婦に大きな負担がかかるだけでなく、生まれた赤ちゃんも、低出生体重児の事が少なくありません。低出生体重児には、さまざまな障害のおそれがある事が、指摘されています。

スポンサーリンク

→エドはるみの不妊治療!現在はどうなったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です