渡瀬マキの不妊の原因!子宮頸がん再発の心配は?

スポンサーリンク

子宮の異常は、不妊の原因になります。妊娠を望む女性にとって、子宮の状態は、切実な関心事です。妊娠中に、子宮頸がんの可能性を示唆されて、不妊に陥るのではないかと、不安な日々を過ごしたのが、渡瀬マキさんです。渡瀬マキさんは、第一子を妊娠中、子宮頸がんの検査で異常を指摘されたと言います。

子宮頸がんの細胞診でクラス2と指摘される!クラスはステージじゃないの⁉︎

1997年10月に結婚した渡瀬マキさん。第一子を妊娠中の1999年に子宮頸がん検査で、異常を指摘されます。クラス2だったとのこと。クラス2とは、「異常な細胞があるが、良性の陰性」という状態を表します。検査を行い、「結果はオールオッケー」でしたが、その結果が出るまでは、毎日、不安で涙にくれていたと語っています。

ちなみに、「クラス」を「ステージ」と誤解した記述が、しばしば見られますが、細胞診の結果は、日本では、「日母分類」に従って、クラス1からクラス5までに分類されます。

スポンサーリンク

→永作博美の不妊症の原因!不妊治療をどうやって克服した?

子宮頸がんが妊娠中に見つかっても出産できる⁉︎手術はアリ?

子宮頸がんが、妊娠中に見つかるケースはあります。細胞診で、疑陽性または陽性とされる割合が、5%。このうち、20%が異形成。さらに、そのうちの10分の1から半分くらいが、子宮頸がんと診断されます。

妊娠中に発見される子宮頸がんは、初期のものが多く、妊娠が終了するまで、治療せずに経過観察が可能とされています。また、がんが粘膜上皮でとどまっているケースが多いことから、子宮の温存が可能な場合も、少なくないと言われています。

ただし、子宮頸がんの進行が、ステージ1期まで進んでいる疑いがある場合は、手術が検討されます。

→後藤真希は不妊症じゃない?不妊の定義とは?

子宮頸がん再発の心配は?もしもステージ2だったらどんな手術が行われるのか?

渡瀬マキさんの場合、細胞診の結果がクラス2でした。クラス2は、心配ない状態です。子宮頸がんの心配はありません。また、子宮頸がんが妊娠中に見つかっても、ステージ1期なら、円錐切除術になります。円錐切除術は、子宮頸部の病巣を切除し、子宮は温存する手術です。

もしも、クラス2ではなく、「ステージ2」だった場合は、がん細胞が、子宮頸部を超えて、どんどん拡がりつつある状態なので、手術では、子宮を全摘することになります。子宮頸がんの「ステージ2」は、子宮を全摘すれば、完治できる可能性が高い時期です。「ステージ2」の5年生存率は、76.9%です。

→川崎希とアレク不妊の原因!不妊治療の内容や方法は?

今回のまとめ

結婚後、2年足らずで第一子を妊娠して、不妊とは無縁に思われやすい、渡瀬マキさん。妊娠中に子宮頸がんの可能性を示唆されて、不安な日々を過ごしました。検査結果は、「オールオッケー」だったとのことで、1999年11月には、無事に第一子を出産しています。

スポンサーリンク

→宇多田ヒカルの不妊の原因と不妊治療!子宮の病気との関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です