松たか子の不妊治療!喫煙と不妊の関係性

スポンサーリンク

2015年3月に第一子を出産した松たか子さん。結婚したのは、2007年12月。妊娠発表までに、7年の歳月が流れたため、不妊治療を受けていたのではないかと、噂されました。また、喫煙との関係も、取り沙汰されました。

最盛期には1日に40本!実はタバコをやめられない女性は少なくない

松たか子さんは、喫煙者として知られています。テレビで、喫煙の事実を、すっぱ抜かれた事があったためです。清純派のイメージが定着していた、松たか子さん。ギャップの激しさから、松たか子さんの喫煙は、視聴者に強く印象付けられました。

最盛期には、1日に40本吸っていたという、ヘビースモーカーだったとのこと。

ただし、妊活を始めてからは、禁酒禁煙を実行していたと、知人が証言しています。松たか子さんは、妊活を始めるとともに、タバコをやめていますが、タバコがやめられず、悩んでいる女性は、少なくないと言われています。

→梨花も悩んだ不育症とは?不育症の原因や治療法は?

タバコを吸っていると妊娠しにくい!1年以上妊娠しない人の割合が上がる

タバコは、卵巣に影響を与えているとされます。喫煙者の閉経年齢は、非喫煙者の閉経年齢より、5~10年早くなると言われています。これは、タバコによって、卵細胞が、早くに枯渇してしまうことが、原因とされています。

タバコを吸っていると、妊娠を希望していても、妊娠に至るまでの期間が長くなることが、明らかにされています。1年以上妊娠しない人は、20~30%割合が高くなると報告されています。

また、9.5ヶ月以内に妊娠する割合は、非喫煙者の場合、80%ですが、タバコを1日に10本以上吸っている場合は、69%に低下することが、報告されています。

スポンサーリンク

→宇多田ヒカルの不妊の原因と不妊治療!子宮の病気との関係は?

タバコを吸っていると体外受精の成功率も低い!流産率が上がる

松たか子さんは、噂では、不妊治療に詳しいクリニックで相談をしたと言われています。名前があがっているのは、心と体にできるだけ負担をかけない、体外受精を行うことをモットーにしている、クリニックです。

松たか子さんが体外受精に挑戦したかどうかは、一切不明ですが、タバコを吸っている女性では、体外受精を行った場合、成功率が低いと言われています。体外受精における、喫煙者の成功率は、非喫煙者に比べて、平均20%低くなると報告されています。妊娠に至った場合、流産率が上がるとされています。

→後藤真希は不妊症じゃない?不妊の定義とは?

今回のまとめ

元気な第一子を授かった松たか子さん。ヘビースモーカーだった過去があるため、不妊の原因は喫煙ではないかと、噂されました。松たか子さんは、妊活を始めるや、禁酒禁煙を実行していますが、禁煙できずに悩む女性は、少なくありません。

喫煙していると、妊娠に至るまでの期間が長くなります。また、不妊治療で体外受精に挑戦した場合、成功率が低くなり、流産率が上がることが、報告されています。

スポンサーリンク

→矢沢心の不妊治療法!不妊症の原因や解決策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です