2017最新版!好きなママタレランキングベスト5

スポンサーリンク

ママタレに人々が求めるものは、2つあると言われています。1つは、家庭的な雰囲気。温かな家庭を築いている事が、大切な条件になります。

2つ目は、ママになっても、女性としての魅力を失わないこと。若々しい雰囲気や愛らしさ、美しさなどは、好感度を上げる要因になります。そうした2つを兼ね備えている、芸能人ママとして、人気が高い5人を、ランキング形式であげてみます。

2017年度版!好きなママレンランキングベスト5

第5位 木下優樹菜

旦那の行動を「許せない」と怒った時に、旦那が蒐集しているフィギュアを捨てたという事で、ネットでの関心を再び集めた、木下優樹菜さん。

過激な言動で、たびたびネットは炎上しますが、「サバサバしている」と、女性人気には、根強いものがあります。仲睦まじい様子を公開した時に、幸せ自慢にならないところが好印象で、好きなママタレの上位にいつも入っています。

第4位 乙葉

藤井隆とのおしどり夫婦ぶりは、有名。家庭を優先し、露出が控えめなのも、「自分を立ててくれそう」と、男性から支持されています。

劣化しない愛らしさは、男女を問わず、高く評価され、好感度が高いママタレとして、近年、徐々に認識度を高めています。

第3位 木村佳乃

バラエティで芸人顔負けの面白さを見せている、木村佳乃さん。ママになって、引き出しが増えた女優です。変わらぬ美しさに、親しみやすさが加わって、ママタレとして、ランキング上位に常に入るようになりました。

スポンサーリンク

第2位 小林麻央

2016年6月に、がんの告白をして、世間の話題をさらった、小林麻央さん。乳がんのステージ4という、過酷な状況に置かれつつも、温かな思いを、子供や夫に注いでいる様子が、人々の共感を得ています。また、2人の子供たちが、「可愛すぎる」として、ネットの注目を集めています。

闘病ママという枠だけにとらわれない、家族のカタチを考えさせてくれるママタレです。

第1位 三田寛子

2016年のキーワードは、「ゲス不倫」。不倫されても、妻として賢く振る舞い、女を上げたのが、三田寛子さんです。文春砲で窮地に立たされた中村橋之助を、殊更庇うでもなく、しかし、的確に事態の収拾を図りました。

記者たちを前にしたコメント、その時の服装の選択、笑顔での対応などは、「さすが」と、女性たちの高い評価を得ました。

→子供がいない芸能人や有名人の夫婦

今回のまとめ

ママタレのランキング上位に入るのは、幸せ自慢をしないけれど、家族との温かい時間を伝えてくれる、女性芸能人です。充足した生き方が、美しい表情に現れる女性が、ママタレとして、ランキング上位に入っています。

スポンサーリンク

→不妊症を克服した芸能人や有名人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です