不妊治療に保険は適用される?治療で自己破産もあり得る!

スポンサーリンク

不妊治療は、いつ結果が出るか分かりません。妊娠できないというストレスに苛まれるだけでなく、治療期間が長引くと、現実的な問題が、大きくのしかかって来ます。治療費用です。不妊治療は、高額になります。保険が適用される不妊治療は、どのくらいあるのでしょうか?

保険適用されるのはコレ!一般的な検査とタイミング療法は保険が適用される

不妊治療で、健康保険が適用されるのは、一般的な検査です。超音波検査、血中ホルモン値測定検査、子宮卵管造影検査は、約1000~3000円です。ただし、血中ホルモン値測定検査は、排卵前と後、生理中の3回行います。

超音波検査で異常があった時に行われる、子宮鏡検査も、保険適用です。約4000円。精液中の精子の数を調べる精液検査は、約1000~3000円。精子の数を調べる検査でも、性交後の子宮から検査するフーナーテストは、約1000~2000円です。

治療は、タイミング療法については、健康保険が適用されます。約2000~3000円。人工授精についても、診察や検査、注射や薬は、保険適用です。1回の診察で約2000~3000円。排卵誘発剤も、タイミング療法や人工授精で使われる場合は、保険適用です。1ヶ月分が約3000円。

→不妊治療が辛いと言われる理由は×××だから!

スポンサーリンク

高額になる不妊治療は体外受精と顕微授精!約半数の人が経済的理由から治療の中断を考えている

診察や検査、薬などは、保険適用される、人工授精ですが、人工授精そのものは、保険適用外です。この点に注意が必要です。1回約1~3万円。

さらに費用がはねあがるのが、体外受精と顕微授精。いずれも、保険適用外です。1回の費用は、体外受精が約20~80万円、顕微授精では約30~90万円を必要とします。体外受精で使う排卵誘発剤は、保険適用外になるため、注意しましょう。

NPO法人Fineが2005年に行った調査によると、不妊治療に使った費用は、総額100万円未満の人が、49.1%。100万円以上300万円未満の人が、30.9%。ちなみに、不妊治療を行った期間は、1年以上3年未満が、42.7%。回答者の年齢は、全体の約66%が30代です。

なお、1000万円以上使った人も、0.8%いました。経済的理由から不妊治療の中断を考えた事がある人は、56.2%。実際に経済的理由から不妊治療をやめた人も、4.1%います。

不妊治療は、年齢が上がるにつれて、効果が出にくくなります。体外受精によって1児が出生するために掛かる、医療費の平均を求めた調査もあります。

30代前半で約150万円、40歳で372万円、45歳になると、3704万円、そして、47歳では、実に2億3000万円とされています。不妊治療は、やめ時が分からなくなります。サラ金から次々と借り入れ、借金返済不能になり、自己破産の危険に直面する人もいます。

→不妊治療助成金は所得制限がある?医療費控除は受けれる?

今回のまとめ

結果がいつ出るか、全く分からない不妊治療。やめ時が分からなくなり、「ここでやめるわけに行かない!」と、半ば意地になる女性は、稀ではありません。

不妊治療は、一般的な検査とタイミング療法は、健康保険が適用されますが、それ以外は、保険適用外です。治療費用は、高額になります。年齢が上がるにつれて、治療費は高くなる傾向があります。

そのため、経済的理由から、不妊治療をやめる人もいます。また、借金を繰り返して、自己破産の危険に直面する人もいます。

スポンサーリンク

→漢方で不妊症は治療出来る?漢方のメリットとデメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です