秋野暢子の不妊の原因と不妊治療の成果は?

スポンサーリンク

不妊治療を11年続けた女性として、よく知られているのが、秋野暢子さんです。結婚直後から続けた不妊治療。秋野暢子さんが、なかなか赤ちゃんを授からなかった原因は、どのようなことでしょうか?

3回の流産!習慣流産の原因が特定できるケースは15%くらい

秋野暢子さんは、不妊治療中に流産を3回経験しています。流産が2回続くことを反復流産、3回続いた場合は習慣流産と言います。初期流産は、その70%が胎児の染色体異常によるものとされ、その後の妊娠についても、心配することはないとされています。流産の経験がある女性と1回流産経験のある女性の、その後の流産率には差が無いことが、証明されています。

ただし、2回以上流産が続く場合、母体側に原因がないか、検査するのが好ましいとされています。検査の結果、明確な原因が特定できるケースは、15%くらいとされています。母体側が持つ流産の原因としては、ホルモンに関する要因と子宮の異常に関する要因の2つがあげられます。

→安倍昭恵夫人の不妊の原因!不妊治療で子供は授かったのか?

子宮が弱い⁉︎習慣流産の原因として多いのが子宮内膜機能不全

習慣流産の母体側の原因として、ホルモンに関する要因でありつつ、子宮の異常にも関わるのが、子宮内膜機能不全です。子宮内膜機能不全とは、子宮内膜が黄体ホルモンに反応できず、胎盤が育たない状態のことです。

不妊治療中に流産を3回経験した秋野暢子さんは、「私の場合は子宮が弱いようで」と述べるにとどめているため、詳細は不明ですが、習慣流産の母体側の原因として多いのが、子宮内膜機能不全です。

スポンサーリンク

→加藤貴子の不妊治療法!第二子をどうやって授かったのか?

子宮外妊娠で不妊治療を諦めた直後に自然妊娠

不妊治療を始めて10年目に、秋野暢子さんは子宮外妊娠をしてしまいます。そのため、左の卵管を切除。不妊治療の継続を断念します。しかし、その直後、自然妊娠。

子宮外妊娠の手術を受けた直後は、子宮内がきれいな状態になるため、術後の半年間は、「妊娠のゴールデン期間」とも言われています。秋野暢子さんは、赤ちゃんを授かった時のことを、「子供を持つことをあきらめていた私に、奇跡のようにやってきた娘」と記しています。

→ダイアモンドユカイの不妊治療の内容!どうやって子供を授かったのか?

今回のまとめ

11年もの長きにわたり、不妊治療を続けた秋野暢子さん。不妊治療中に3回流産を経験し、「なぜ産んであげられないのだろうという申し訳ない気持ちから」不妊治療を続けたと言います。

流産の原因は、明かされていませんが、習慣流産の原因が特定できるケースは、15%くらいとされています。不安の募る歳月から解き放たれた時、赤ちゃんを授かったというのは、長い不妊治療を続ける女性たちにとって、1つの真実を伝えるものでしょう。

スポンサーリンク

→不妊症を克服した芸能人や有名人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です