不妊症が原因で離婚する割合は××%!不妊で夫婦仲が悪化する理由とは?

スポンサーリンク

子供を望んで、普通の夫婦生活を営んでいても、1年以上、子供を授からない場合、不妊とされます。不妊症と診断され、不妊治療を受ける場合、夫婦ともに「子供を授かる」という目的を持ちます。

しかし、不妊治療が長引くにつれて、結婚生活に幸せを感じられなくなるという事が、稀ではないようです。その挙句、離婚。不妊という事が原因で、離婚に至るのは、何が理由でしょうか?

子供を授からなかった場合は離婚率が高い!結果よりも不妊治療中に生じた夫婦の溝が問題

不妊と離婚の関係を調べた研究は、日本では、まだありません。参考になるのは、デンマークの研究です。1990年から2006年の間に、調査が行われました。調査の結果、不妊治療を受けて、子供を授からなかった夫婦は、子供を授かった夫婦に比べて、3倍も離婚しやすい事が、明らかになりました。

デンマークの離婚率は、40%とされるため、この結果が、日本にもそのまま当てはまるとは考えにくいものの、不妊治療によっても、子供を授からなかった場合に、離婚率が高くなるのは、納得できそうです。

デンマークの研究で興味深いのは、子供を授からなかったという結果自体よりも、不妊治療を行う間に、夫婦関係に溝が出来てしまった事が、結婚生活の継続を難しくしているという事です。

→不妊症の人の特徴!不妊になる原因ランキングベスト3

不妊治療中に夫婦関係に溝!女性にとって夫の協力はイマイチ?追い詰められる妻

不妊症と診断され、熱心に不妊治療に取り組む女性が、しばらくすると、落ち着かなくなるのは、夫の態度に、自分と同じくらいの熱意が感じられない事です。卵子がきちんと育つように、薬を飲んだり排卵の注射を打ったり。そうして迎えた、月に1度の子づくりのチャンスの日に、パートナーと性交渉ができるとは限りません。

「俺はロボットじゃない」と言われたり、応じてくれても義務感が現れていたりして、夫婦喧嘩が繰り返される事は、珍しくありません。不妊治療中の女性のストレスは、妊娠検査反応前に高くなる事が、分かっています。そうした妻の様子を、理解できない男性は、少なくありません。パートナーと歩調を合わせられず、妻は追い詰められていきます。

スポンサーリンク

→不妊症って病気や遺伝で起こる?妊娠出来ない夫婦の確率は××%

不妊治療中に夫婦関係に溝!男性にとっては妻の執着が理解困難?トラブルが多いのが×××

不妊症の原因が、男性側にあると診断されたケースでは、夫婦揃って病院に行くのは、さして困難ではありません。しかし、未だに不妊は、女性の問題と思っている男性が多く、男性側の精子の状態を調べる検査を求めた時、トラブルが生じやすくなります。

それ以上にトラブルが多いのが、不妊治療を続けても、子供を授からず、不妊治療のやめ時を探る時です。不妊治療を長く続けている女性は、やめる決断が出来なくなっている事が、少なくありません。

「ここでやめるわけにいかない!」と、不妊治療に執着する傾向があります。不妊治療中は、純粋に子供が欲しいというだけでなく、「ひとつの所有物を絶対欲しい」というような、特殊な感情が湧いてくる女性が、少なくないようです。夫婦間の意見の食い違いが、明らかになり、離婚につながりやすくなります。

→漢方で不妊症は治療出来る?漢方のメリットとデメリットは?

今回のまとめ

不妊症が原因で、離婚に至るカップルは、少なくありません。日本では、具体的な調査は行われていませんが、デンマークの研究によると、不妊治療を経験して、子供を授からなかった夫婦は、授かった夫婦に比べて、3倍も離婚しやすいとされています。

子供を授からなかったという結果よりも、結婚生活の破綻につながりやすいのが、不妊治療中に夫婦関係に生じた溝です。妻のストレスと夫のストレスが、微妙に食い違いながら、双方の幸せ感を変化させ、結婚した事を後悔するようになった時、離婚に至ります。

スポンサーリンク

→原因不明の不妊症の割合!原因が分からない理由は×××

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です