芸能人の子供に障害を持つ子が多い理由!高齢出産と関係しているのか?

スポンサーリンク

私生活も華々しく報じられやすい芸能人。最近は、子供の様子も、一般公開するケースが増えています。公開された子供の様子から、障害を持っている事を知る事も、少なくありません。影響力が大きいため、障害者の子供については、関心を持つ人が多いようです。

子供の障害を公表した芸能人!どんな人がいるのか?

障害の中でも、公表される割合が多いのが、ダウン症です。子供がダウン症である事を、公表している芸能人には、奥村佳恵さん、龍円愛梨さん、松野明美さんがいます。奥村佳恵さんと松野明美さんは、第二子、龍円愛梨さんは、第一子が、ダウン症です。ブログや著書で、子育ての様子を明らかにしています。

子供の障害を公表している芸能人としては、菊池桃子さんも知られています。菊池桃子さんの第一子は、生後7ヶ月の時に、左手と足に障害があったとされています。

また、父として、子供に障害があった事を明かしている芸能人もいます。稲川淳二さんは、第二子が生後4ヶ月の時に手術を受けた事を語っています。クルーゾン氏症候群だったと言います。

→子供がダウン症と公表している芸能人!高齢出産が主な原因なのか?

ダウン症については疑惑レベルも多い!背景にあるのはどういう事?

公表された障害の中で、比較的多いのが、ダウン症です。ダウン症については、芸能人の子供の多くに、疑惑が持ち上がります。大半は、根拠のない噂話です。

あえて根拠を探すなら、公開された子供の顔で、目がつり上り気味に感じられた、ダウン症に詳しい学校の近くで、話題の芸能人を見かけたなどが、「理由」となるようです。

子供の顔が公開されなかったために、ダウン症を噂される事もあります。顔が公開されず、ダウン症疑惑が持ち上がるのは、高齢出産したケースが多い傾向があります。

スポンサーリンク

→高齢出産で子供を無事に産んだ坂上みき!高齢での障害のリスクは?

晩婚化や高齢出産で多くなるダウン症!関心の高まりで疑惑も多くなった⁉︎

日本人の平均初婚年齢は、内閣府の発表によると、2011年時点で、男性が30.7歳、女性が29.0歳。出生した時の母親の年齢は、第一子が30.1歳と、2011年には、初めて、30歳を超えました。35歳以上の高齢出産も、この10年で倍増した事が、厚生労働省の統計で明らかにされています。

芸能界でも、高齢出産が報じられる事が増えました。

高齢出産のリスクの1つが、ダウン症です。ダウン症の出産確率は、20歳で1667分の1、25歳で1250分の1、30歳で952分の1、35歳で385分の1。

妊娠年齢が上がるにつれて、ダウン症の出産確率は高くなります。ダウン症への関心が高まった事を背景として、子供が障害者である事を公表した、芸能人への関心が高まり、疑惑レベルの話も広がっていったようです。

→高齢出産を経験した芸能人や有名人

今回のまとめ

芸能人だから晩婚、高齢出産というわけではありません。20歳前後で結婚した芸能人もいます。ただし、晩婚化と妊娠年齢の上昇に伴い、高齢出産した芸能人に、世間の関心は集まりやすいようです。

高齢出産のリスクの1つがダウン症。ダウン症の子供を持つ事を公表した芸能人に、多くの人の関心が集まっています。そのため、高齢出産した芸能人を中心に、子供に障害者疑惑が持ち上がる傾向があります。

スポンサーリンク

→高齢での不妊治療!着床しない理由ベスト3!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です