生田智子のケース!37歳で高齢出産、不妊治療の経験は?

スポンサーリンク

子供を望んでいても、30歳を過ぎたばかりの年齢では、なかなか本腰を入れて子作りとはいかない事が、少なくありません。仕事の面白さも分かってくるのが、30歳を過ぎた頃。結婚自体は、遅くなくても、妊娠や出産に至るまでに時間がかかってしまうケースは、珍しくありません。そうしたケースの1例が、生田智子さんです。

生田智子のケース!結婚9年目にして第一子を授かる

生田智子さんが、第一子を出産したのは、2004年。生田智子さん、37歳の時です。結婚9年目にして授かった、「心晴(こはる)」ちゃん。夫の中山雅史さんも大喜びした事が、当時、伝えられました。

生田智子さんは、結婚当初から、子供を望んでいました。妊娠を望む健康な男女が、避妊をしないで、夫婦生活を営んでいるにもかかわらず、1年以上妊娠しないと、「不妊」と定義されます。しかし、生田智子さんの夫婦が、不妊治療を行なっていたという、確実な情報は、伝えられていません。

→戸田菜穂のケース!第2子は40歳での高齢出産!?

不妊治療に携わる医師がぶっちゃけ自信を持って治療できるのは37歳までだった⁉︎

生田智子さんが高齢出産した、37歳。37歳というのは、高齢出産ではあっても、妊娠の1つの段階を示す、重要な年齢とされています。卵巣の機能と女性ホルモンの分泌量は、37歳以降、急激に衰えるとされています。

卵巣内にある卵母細胞の数は、37歳以降、急速に減少し、42歳までの間に、卵子の数は10分の1にまで減る事が、指摘されています。

卵子の数が減るばかりでなく、卵子の生命力も低下します。流産率は、35歳では、25%ですが、40歳になると、40%に上がります。卵子の老化が急速に進むのが、37歳以降と言われています。不妊治療に携わる医師の中には、「37歳までに来てくれたら、何とかします」と言う人もいます。

スポンサーリンク

→田中美佐子も高齢出産だった!子供を産んだのは××歳の時!

不妊を心配してても行動に移すのは難しい⁉︎不妊検査ってどんな事をするの?

高齢出産でも、すべての人が、不妊治療を受けているわけではありません。生田智子さんについても、不妊治療を受けていない可能性があります。

2010年に、初婚同士の夫婦を対象に行われた調査では、「不妊を心配した事がある」という夫婦は、31.1%。そのうち、実際に不妊検査を受けたり、不妊治療をした事がある夫婦の割合は、17.9%にとどまっています。

不妊検査を受けられるのは、不妊外来のある病院の産婦人科か、不妊治療専門のクリニックです。女性の不妊検査では、基本検査として、子宮、卵巣、卵管のチェックをします。主な検査は、超音波検査、ホルモン検査、子宮卵管造影検査、卵管通気・通水検査です。費用は1万円程度です。

→高齢出産を経験した小原正子!子供の為に飲んでた葉酸サプリは?

今回のまとめ

37歳で第一子を出産した、生田智子さん。生田智子さんは、結婚当初から、子供を望んでいました。子宝を授かったのは、結婚9年目です。生田智子さんが、不妊治療をしたかどうかは、不明ですが、不妊を心配しながら、実際には、不妊検査を受けたり不妊治療を行なったりしていないケースは、少なくありません。

生田智子さんが出産した37歳は、妊娠の1つの段階を示す、重要な年齢とされています。不妊検査だけでも、早めに受けるようにしたいものです。

スポンサーリンク

→くわばたりえの高齢出産のケース!妊娠中の食事や気をつけた点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です