自然妊娠は何歳まで可能?高齢出産の場合何歳まで産めるか?

スポンサーリンク

皆さんは、将来を見据えて人生設計をしっかり考えたことはありますか!?女性は結婚・そして出産するもの・・・と言う価値観が崩れ、女性にとっての幸せが多様化している現在。

もちろん『結婚適齢期』と呼ばれる年代にしっかりと結婚・出産を経ている女性も多いですが、男性と肩を並べてバリバリと仕事をしている女性もいるし、良い年になっても実家暮らしを堪能している女性も多いです。

しかし今あなたが送っている生活をこの先もずっと続けたとして、10年後、20年後も結婚せずに子供もいなかったとしたら・・・あなたは今の生活を絶対に後悔しないと言えますか?

『あの時もっと真剣に考えておくべきだった。行動すべきだった。』と後悔しないと言えますか?もし少しでも迷うことがあるなら、今がしっかりと現実を見つめるべき時なのかもしれません。

意外と低い自然妊娠率。しかも年齢と共に妊娠率は低下する!!

結婚して、避妊をしないで入れば誰だって自然に妊娠するんだろう・・・と思っていませんか?

私もそう思っていました。

何も考えなくても、気付けば妊娠してママになっているんだろうなぁ、と。でも本当に考えが甘かったな、と30歳で妊活を開始してようやく気がつきました。

妊娠適齢期の、男女共に健康な男女が排卵日を狙って妊活をしたとしても、無事に妊娠に至る確率は25〜30%程度だと言うことをご存知ですか?

精子の寿命は射精されてから1週間程度。

卵子の寿命は排卵日から1〜2日程度。

つまり、妊娠のチャンスは1ヶ月に1日程度しか無いんですよね。1ヶ月に1回のチャンスで、成功率が30%未満・・・。しかも年齢が上がるごとにこの確率は低下して、35歳を超えるとガクッと確率が下がるんですよね。

スポンサーリンク

→何歳までが高齢出産じゃない?ダウン症と高齢出産の関係性

価値観は変わっても体は変わらない

どんなに価値観が多様化したところで体は変わりません。実際に、1年間避妊をせずに妊活を続けた場合の妊娠率は、
20〜30代前半で80%、30代後半で50%、40代前半で30%、40代後半で5%、となっています。

個人的には早いに越したことはないと思いますが、これらのデータを見ていると、どんなに遅くても30代後半には妊活をスタートできるようにした方が良いでしょう。

どんなに仕事や趣味が充実していても、子供を産める年齢には限りがあります。今を楽しむことも大切ですが、後々人生を振り返ったときに後悔しないように、しっかりと人生設計を立てて行きましょう!!

スポンサーリンク

→45歳で初産は危険!高齢出産は何歳までが限界なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です