男性と高齢出産の関係性!何歳まで精子は元気なのか?

スポンサーリンク

『女性は35歳を超えると自然妊娠の確率が大幅に低下する。』そんなニュースを耳にしたり、データを目にしたことはありませんか!?

数年前にこんな衝撃的なデータが出回ってから、30代・40代のなっても結婚していない女性が焦って婚活を始めるようになりました。もちろんこのデータは合っています。

どんなに価値観が多様化したところで、体は直ぐには変わりません。女性が子供を産める年齢には限りがあるのです。しかしこのデータが出回るようになってから更に、『不妊の原因は女性だけにある。俺には関係ない。』と考える男性が増えたような気がします。

実際は色々検査した結果実は男性側に不妊の原因があったり、男性の高齢化によって精子の質が劣化してして不妊になってしまうことも多々あるんですよ。

男性不妊と精子の劣化について

上記のように、不妊の原因の50%は男性にあります。男性の精子も、女性と同じように35歳を過ぎたあたりから劣化し、量や数・運動率などが低下するのです。

そのため、どんなに若くて妊娠するのに問題ないと思われる女性と結婚し、妊活したとしても男性原因でいつまでも子供を授かれない・・・と言う事もあるのです。男性は女性に比べて結婚・出産しなくてもその後の人生で大きく困ることは少ないと思います。

『40代後半になって周りもみんな結婚・出産したから、そろそろ自分も・・・』なんて思っていたら結婚も全然出来なくて、結婚しても男性不妊で後悔している男性の多いこと!この記事をご覧の男性の皆さんには、『もしかしたら自分も無関係では無いかもしれない』と言う危機感を持って、計画的に生きていって欲しいなぁと思います。

スポンサーリンク

→何歳までが高齢出産じゃない?ダウン症と高齢出産の関係性

精子は何歳まで元気なの!?

男性は女性と違って閉経が無いので、いつまでも生殖活動を続けることが出来ます。しかし、染色体異常のリスクや発達障害などのリスクをなるべく減らして、五体満足の健康な赤ちゃんを授かりたいと思うのなら、男性も出来るだけ早く妊活を開始した方が良いでしょう。

産んで終わりでは無いので、自分が稼ぎ頭なら30代後半までには、そして女性が年下で家計を支えるくらい稼いでくれるなら40代前半までには妊活に取り組めると良いですね。精子はそれぞれが生活してきた環境によっても劣化の速度が変わります。

喫煙や不規則で偏った食生活を送っていた人は、どうしても劣化の速度が早まります。いざ子供が欲しいと思った時に後悔しないように、健康的な生活を心がけ、人生設計をしっかりと立てて行きましょう。

スポンサーリンク

→45歳で初産は危険!高齢出産は何歳までが限界なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です