高齢出産の一番のリスクは障害児!確率は××%あがる!

スポンサーリンク

生涯未婚率や初婚年齢がどんどん高齢化する現代。この記事をご覧の皆さんの中には、既に結婚して出産、子育て真っ只中の女性もいれば、30代・40代になっても独身でお仕事に励まれている方など、色々な方がいらっしゃると思います。

出産には年齢制限が存在する!?

女性なら結婚、出産するのが当たり前・・・という価値観が崩れた今、女性にとっての幸せにも色んな形があります。ですが、結婚・出産によって女性にもたらされる幸せはとても大きなものがあります。

そしてそれを手に入れるには、残念ながら年齢制限があるのです。そもそも妊娠できる確率が減りますし、妊娠できたとしても様々なリスクが伴います。

そして、そんなリスクを抱えた女性と結婚しようと思う男性も少ないので、結婚できる確率も減るという悪循環。今結婚をしていなくて出産の限界を感じて色々調べている方には、後悔しないように計画的に行動していって欲しいなぁと思います。

スポンサーリンク

→45歳で初産は危険!高齢出産は何歳までが限界なのか?

高齢出産の一番のリスクとは!?

35歳を過ぎてから出産する事を『高齢出産』と言います。(日本産婦人科学会の定義より。)上記でも述べたように、平均初婚年齢は年々上昇しており、2015年のデータでは女性は全国平均で29.4歳なのだそうです。

結婚年齢自体が上がっているので出産年齢が上がるのも仕方ないことなのですが、年齢を重ねて高齢出産になればなるほど、自然妊娠の確率は低くなっていきます。

更に怖いのは、ダウン症などの染色体異常や障害を抱えた赤ちゃん産まれる可能性が高くなってしまうのです。

女性が持っている卵子の数は産まれるときに既に決まっていて、新しく作られることは無いため、年齢ごとにどんどん劣化していきます。

染色体異常児が産まれる原因の80%は母親側にあると言われているので、高齢出産になる前に出産を終えておくのが理想的ですね。

ちなみに25歳で出産する場合のダウン症発症率は1351人に1人なのに対し、40歳で出産する場合は112人に1人になるので、10倍以上リスクが上がる事になるのです。

→男性と高齢出産の関係性!何歳まで精子は元気なのか?

周りに流されないで!自分の人生に責任を持ちましょう

『類は友を呼ぶ』とも言いますし、独身の人は独身の人同士付き合う事が多いと思います。でも、何度も言いますが子供を産むのには年齢的な限界があります。

周りの人達の価値観に流されて、後々現在の生き方や人生の選択を後悔しないように、自分人生に責任を持って行動していきましょう。

→何歳までが高齢出産じゃない?ダウン症と高齢出産の関係性

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です