40代後半での高齢出産のリスク!流産の確率が高くなる理由は?

スポンサーリンク

『女性35歳を過ぎて高齢出産になると、自然妊娠率が大きく低下する』と言う事実が世間に広く知れ渡ってから久しいですが、高齢出産によるリスクは自然妊娠率の低下だけではありません。

高齢出産による出産でのリスクとは?

ダウン症を始めとした染色体異常児の発症率の可能性が高くなってしまったり、妊娠を継続するのが難しくなってしまったり、難産になってしかったり・・・。

資産が潤沢にある夫婦や、『どんなに金銭的に無理をしてでも絶対に自分たちの子供が欲しい!』という夫婦の場合は不妊治療をして40代後半になって奇跡的に妊娠できる場合もありますが、こういったリスクは必ず付きまとうと言う事は覚悟しておかなければいけません。

ただでさえ若い世代でも命がけの妊娠・出産。そのリスクは高齢出産になればなるほど上がっていくのです。

スポンサーリンク

→何歳までが高齢出産じゃない?ダウン症と高齢出産の関係性

高齢出産によって上がる流産の確率とその理由

若い内に出産しても、高齢出産でも、どの年代でも流産する可能性はあります。しかも意外と確率は高くて、身近でも流産経験者って結構いるものなんですよね。

しかし、やはりその他のリスクと同じように高齢になればなるほど流産のリスクは上がっていきます。年齢ごとの確率は、35歳で約2割、40歳で約4割、42歳で約半分が流産に至るというデータがあるので、40代後半ともなると7〜8割は流産になる可能性があります。

そもそも40代後半で妊娠できる確率自体が奇跡的な数字なので、無事に出産まで至ることは本当に稀なのです。
どうして流産の確率が高くなってしまうのかというと、他の不妊の原因と同じように『卵子の老化』が理由です。
女性は産まれたときに既に卵子の数が決まっていて、新しく作られることはありません。

そのため、高齢により卵子の質が悪くなると、流産を始めとした様々なリスクが上がってしまうのです。

→男性と高齢出産の関係性!何歳まで精子は元気なのか?

40代後半の妊娠・出産には相当な覚悟が必要です!

35歳を超えると高齢出産と言われるのですから、45歳で妊娠・出産を目指すのなら相当な覚悟が必要です。

覚悟というのは、『どんなに頑張っても妊娠できない可能性が高い』と理解して妊活をする事、そして不妊治療には相当お金や精神的な負担がかかること、無事に妊娠できたとしても、障害児のリスクや流産の可能性は限りなく高いこと・・・等です。

高齢出産に挑むなら、こういった現実をきちんと理解して妊活に励むようにしましょう。

スポンサーリンク

→高齢出産の一番のリスクは障害児!確率は××%あがる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です