高齢出産での発達障害の確率を減らす方法!葉酸がオススメの理由とは?

スポンサーリンク

女性は35歳を超えると、卵子の老化に伴って自然妊娠率が大幅に低下したり、様々な障害を抱えた赤ちゃんの発症率が上がる事が知られています。

しかし女性であれば、五体満足で発達障害なども無い健康な赤ちゃんを授かりたいと思うのは当然のことです。どうすれば様々な障害のリスクを減らすことが出来るのでしょうか!?

高齢出産による発達障害を減らすには葉酸が良い!?

発達障害の原因はハッキリと解明されているわけではありませんが、妊娠中に活性酸素を沢山取り入れすぎると脳の細胞が破壊されて発達障害の原因になる、と考えられているそうです。

そのためどんなに若くして妊娠・出産したとしても、母親がストレスの多い生活を送っていたり、不規則な生活や喫煙、不摂生などを続けていると発達障害のリスクが上がりやすくなります。

そして年齢を重ねれば重ねるほど体全体の老化が進み、活性酸素を処理する機能も衰えてくるため、高齢出産の場合はどんなに健康的な生活を心掛けていても発達障害のリスクは上がってしまうのです。

そんな、妊娠中の不安要素を軽減してくれるものとして注目されているのが、『葉酸』です。

葉酸は妊娠前から妊娠初期にかけて服用することによって、発達障害やダウン症、二分脊椎症などの先天性異常のリスクを軽減してくれることで知られています。

確率は100%ではありませんが、使用してみる価値は大いにあります。

スポンサーリンク

→高齢出産を後悔している理由!子供が発達障害やダウン症が原因?

高齢出産でもお腹の赤ちゃんの為に出来ることをしましょう!

そもそも、妊娠するのに適していると言われている20代〜30代前半までの女性でも、20〜30%ほどしか妊娠出来ないのです。それが30代後半、40代と時間が経つにつれて、自然妊娠の確率は激減します。

そんな狭き門をくぐり抜けてきてくれた赤ちゃんですから、健康に産んであげたいですよね。一説によると発達障害は、遺伝的な要因はあまり関係ないそうです。

卵子の老化の他に、上記でも述べたように妊娠前から妊娠初期にかけての過ごし方によって赤ちゃんの脳に影響を与えてしまうのだとか。自分がお腹を痛めた子供ならどんな子供でも可愛いものですが、きれい事では住まされないことも多々あります。

やはり、発達障害があるか無いかで、将来できることも大きく変わってくるのです。葉酸の服用は赤ちゃんの為に妊娠前から出来ることの1つですから、妊活中から服用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

→40代後半での高齢出産のリスク!流産の確率が高くなる理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です