人工授精の確率をあげるには?妊娠の成功率を高める方法

スポンサーリンク

いつかは子供が欲しい。そう多くの女性は思っているはずです。しかし、今の日本では生涯独身率も高くなり、女性の社会進出も増え、子供のいない世帯は昔に比べると非常に多いのが実態です。

一般的に妊娠しやすいと言われる20代のうちには、やりたいことがたくさんある、仕事が忙しい、もっと成長したい等々の理由で妊娠に踏み切れない人は多いと思います。

35歳を過ぎて人工授精で妊娠できるのか?

気づいたら35歳を過ぎていて、今から妊娠できるか不安だと思っている方も多いでしょう。そんな方のために不妊治療が充実してきています。最近では不妊治療を行っている女性は珍しくなく、隠したくなるようなことでもなくなってきました。ただ、問題は不妊治療を行ったとしても必ずしも妊娠できるとは限らないという点です。

せっかくお金をかけて不妊治療を行ったのに、結局お金だけかかり妊娠することができなかったという結果になった夫婦もたくさんいるのが現実です。そうならないためには、少しでも不妊治療の成功率を上げるためにはどうすれば良いのでしょうか。

→人工授精の確率!40代前半と後半での出産率はどの位違う?

人工授精の確率を確実にあげる為の効果的な方法

そもそも人工授精という名前、聞いたことがある方は多いと思いますが、何をするのかというと、人工的に精子を子宮内に入れる方法のことを言います。

適応となるのは、女性側に特に異常が見られない場合で、男性側に精子が少なかったり、男性機能の低下の原因があることが多いです。この場合タイミング法で何度トライしても成功する確率が極めて低いため、早期から人工授精に切り替えた方が成功しやすいです。

1回の人工授精で成功する確率は低く、何度かトライして成功するというパターンが一般的です。ただ、何回か行っても成功せず、体外受精に踏み切るという人もいるのが現状です。体外受精はコストもぐんと上がりますので、なるべく人工授精で成功させたいと思っている夫婦が多いはずです。そこで、人工授精の確率をどうすれば上げることができるのか紹介します。

1番の方法は若いうちにスタートさせるということです。妊娠できるか否かを大きく左右するのは卵子と精子の状態で、若ければ若い程妊娠しやすいので、いつまでも悩み続けているくらいならさっさとスタートさせるに越したことはありません。

スポンサーリンク

→人工授精の確率!30代前半と後半でどの位確率が違う?

その他の妊娠成功率を高める方法

年齢のことを今とやかく言っても仕方がないという方が大半なのだと思いますが、一縷の望みで…という方は栄養バランスを整えることに注力しましょう。

卵子の状態、精子の状態を整えるためには体の中から健康になる必要があります。そのためにも、栄養をしっかりと食事から摂取しましょう。場合によってはサプリメントも良好です。

葉酸は子宮環境を整えてくれる栄養素で、妊娠中にも葉酸の摂取が推奨されていますので、妊娠前から妊娠中まで摂取し続けられるようなサプリメントは今多数販売されています。精子にも良い影響がありますので、女性だけでなく男性も一緒に摂取すると良いでしょう。

また、体を冷やすと体内の血流が悪くなり、着床しにくくなります。そのため、妊活中には体を冷やさないよう注意しましょう。特に冷え症の方は温かいものを食べる、体を温めてくれるような根菜類やしょうがなどを積極的に摂取すると良いです。夏の暑い時だからとキンキンに冷えた飲み物をごくごく飲むことは控えた方が良いでしょう。

→自然妊娠は何歳まで可能?高齢出産の場合何歳まで産めるか?

今回のまとめ

妊娠したいという思いから、妊娠する確率を上げるための方法を色々と取り入れている女性はたくさんいると思います。

しかし、仕事をしているとなかなか食事をしっかりとるというところにまで行き届かない人が多いでしょう。

普段は朝食も軽く済ませる、もしくは摂らない、ダイエットのために夜ごはんは少な目という女性も、出産して子供がいるとそうはいきません。一緒に食事を食べることは重要ですし、楽しく食事の時間は家庭に重要です。その練習だと思って、今から3食しっかり食べ、足りないものはサプリメントで補うなど工夫をしましょう。

→不妊治療に保険は適用される?治療で自己破産もあり得る!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です