高齢出産の費用や検査時期は?血液検査でどこまでわかる?

スポンサーリンク

女性にとって、35歳を超えて出産することを高齢出産と言います。ご存知の方も多いかと思いますが、高齢出産は母胎にとっても産まれてくる赤ちゃんにとっても様々なリスクが付きまといます。

自然妊娠率や流産の危険性が上昇するのはもちろん、染色体異常の発症率も上がってしまうのです。

出生前の血液検査でどこまで分かる!?

さて、高齢出産によって増えてしまう様々なリスクですが、赤ちゃんがお腹の中にいる内に血液検査を行うことによって、胎児が障害を抱える確率が分かる検査です。

この血液検査には、クワトロテストNIPT(新型出生前診断)の2種類があります。クワトロテストが受けられる期間は大体妊娠15週から17週頃までで、費用は約2万円です。

この検査によって21トリソミー症候群(ダウン症)、18トリソミー症候群、13トリソミー症候群、開放性神経管奇形である確率が分かります。

もう1つの検査はNIPT(新型出生前診断)も、クワトロテストとほぼ同じく、21トリソミー症候群(ダウン症)、18トリソミー症候群、13トリソミー症候群の確率が分かる検査で、10週から15週の間に受けることが出来ます。

スポンサーリンク

→高齢出産を後悔している理由!子供が発達障害やダウン症が原因?

NIPT(新型出生前診断)は高確率で障害があるかがわかる!

クワトロテストに比べて障害があるかどうかが高確率で分かる上に、流産の確率が低いのが魅力ですが、誰でも受けられるというワケではありません。

その条件については国立生育医療センターのホームページに記載がありますが、

35歳以上の高齢出産であるかや、過去に染色体異常児を産んだ経験があるかなど、検査を受けるのにも様々な条件があります。更に、費用も約22万程度と高額です。

→高齢出産での発達障害の確率を減らす方法!葉酸がオススメの理由とは?

血液検査で赤ちゃんの健康状態を知りましょう

どんなに20代の若い年齢で子供を産んだとしても、子供が障害を抱えて生まれてくる可能性はあります。しかし、高齢出産になるとその確率はグンと上がってしまいます。

血液検査によって万が一陽性が出たとしても、それはあくまでも確率で、羊水検査では無いので確定ではありません。

その後、確定診断するために羊水検査に進んだり、進まずに障害を抱えていてもきちんと育てる覚悟をするも、残念ですが諦めることにするも、それぞれの考え方次第です。

どんな決断をするにしても、早めにお腹の中の赤ちゃんの状態を分かっておくと言う事は、それだけ多く赤ちゃんや今後の人生について考える事ができるということ。

これから妊娠予定の方や、今妊娠中で検査を受けようか迷っている方は、是非受けてみることをオススメします。

スポンサーリンク

→高齢出産で男性がタバコを吸う場合!発達障害の子供の出生率が増加する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です