宇多田ヒカルの不妊の原因と不妊治療!子宮の病気との関係は?

スポンサーリンク

2015年7月に子宝に恵まれた宇多田ヒカルさん。19歳の時に、子宮の病気を患っており、不妊症だったのでは?と噂されていました。宇多田ヒカルさんが患った子宮の病気とは、何でしょうか?不妊と関係があるのでしょうか?

宇多田ヒカルの病気!卵巣膿瘍とはどんな病気なのか?

宇多田ヒカルさんが患ったのは、卵巣膿瘍です。卵巣膿瘍とは、卵巣腫瘍のうち、はっきりと良性腫瘍と言えるものです。卵巣腫瘍の9割が卵巣膿瘍と言われています。子宮筋腫と並ぶ、腫瘍のひとつで、20代前後の若い世代の女性に起こりやすい病気です。

卵巣膿瘍は、自覚症状が乏しい病気です。卵巣は、もともとの大きさが2~3cmと、小さい臓器です。少しぐらい腫れていても、スペースに影響を与えにくいため、痛みや圧迫症状が、あまり出ません。

また、卵巣膿瘍が、なぜ出来るのかも、チョコレート膿瘍以外は、分かっていません。どの女性も罹る恐れがある病気であり、不妊治療をして行く中で、見つかることが多い病気です。

→後藤真希は不妊症じゃない?不妊の定義とは?

宇多田ヒカルは卵巣膿瘍の手術を受けていた!手術を受けても妊娠できる

宇多田ヒカルさんは、卵巣膿瘍の摘出手術を受けています。左側の卵巣に直径5cmの腫瘍が出来ていたためです。19歳で、宇多田ヒカルさんは左卵巣の全摘出をしています。

卵巣膿瘍は、大きさが5cmを超えていたら、手術が勧められます。放置していると、卵管が引き伸ばされて、卵巣の働きが悪くなったり、両方の卵巣に腫瘍が出来ることがあります。卵巣膿瘍は、間接的な不妊原因とされます。ただし、早期に適切な処理を行えば、必ず不妊の原因になるものではありません。

宇多田ヒカルさん自ら、次のように述べています。「膿瘍は摘出しても、卵巣はそのまま。場合によって、卵巣の摘出も必要だそうですが、それでも卵巣ももうひとつあるので、妊娠・出産は可能かと思います。」

スポンサーリンク

→大島美幸の不妊治療法!漢方で子供は本当に授かるのか?

卵巣摘出後の治療が辛い⁉︎どんな治療をするのか?

宇多田ヒカルさんのように、卵巣を摘出すると、その後、「偽閉経治療法」という治療を受けることになります。偽閉経治療法とは、薬によって女性ホルモンの分泌を抑え、閉経したような体の状態を起こして、卵巣の働きを抑制するという治療法です。

生理を擬似的に止めるため、更年期障害に似た症状が現れます。

頭痛、体のほてり、精神の不安定などが、薬の副作用として見られます。宇多田ヒカルさんも、こうした副作用に長年悩まされたと言います。

ただし、2014年2月に再婚した、約1年後には、出産したことが公表されています。初婚の時にも、特に不妊治療を受けていたということは、明かされていません。離婚の理由は、「すれ違い生活によるコミュニケーション不足」とされています。

→太田光代の不妊の原因は夫の太田光?不妊治療でも改善は不可?

今回のまとめ

宇多田ヒカルさんが患った卵巣膿瘍は、女性なら誰もが罹りうる病気です。自覚症状が乏しく、不妊治療の中で見つかるケースも、少なくありません。

放置していると、不妊症の原因になりますが、早期に適切な処置を行えば、妊娠や出産は可能です。宇多田ヒカルさんの出産によって、出産の可能性が明らかになったことは、多くの女性の希望です。

スポンサーリンク

→秋野暢子の不妊の原因と不妊治療の成果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です