着床不全検査とは?検査や治療法は痛い?

スポンサーリンク

妊娠を希望し受診した後に、出てくるのが着床不全検査という検査かもしれません。着床不全とは良い状態の胚を何度か移植し、妊娠につながらない状態をいいます。

その理由を探るために行われるのが着床不全検査です。着床不全検査により、妊娠につながらないのはなぜかが判明すれば、その治療が行えます。

また、妊娠するための治療を行う上で着床におけるさまざまな検査をしておくことは重要になってくるそうです。

着床不全検査とは?

検査は大まかにいうと、血液の検査と子宮の検査です。血液検査は検査項目を見るとわかると思いますが、かなりの数の検査が行われます。着床不全の検査は、体のことをいろいろと調べるため、検査の項目が多くなります。

そのため、検査のための採血の量が健康診断などの採血と比較し、多くなると想定しておくとよいかもしれません。

採血が苦手という方は、他の検査で事前の食事制限がなければ食事をし、コンディションを整えておくとよいでしょう。緊張や不安などを感じやすい方は、リラックスできるものを持参したり、採血の前に看護士さんに伝えるなどすることで、メンタル面の負担が軽減されます。

子宮の検査は超音波、子宮鏡、子宮卵管造影を行うクリニックがほとんどです。超音波はおなかの様子をモニターで見る検査ですね。

ベッドに仰向けになり、おなかを骨盤のあたりくらいまで出して、モニターを見ながら検査を受けます。

→着床不全の検査費用は?検査結果はすぐにわかるのか?

子宮鏡検査の方法について

子宮鏡検査は、子宮にチューブ状になっている内視鏡を入れて検査します。検査を受けるのは一般的な婦人科の内診を受ける状態です。痛みは人により違ってきますが、麻酔を使用しての検査ではありません。

ただしクリニックによっては麻酔を希望すると使用できるところもあります。子宮鏡検査は、内視鏡が入っていく段階で痛みを感じるケースが多く見られます。

検査を受けながらモニターで画面が見られますが、あまりに痛みで辛い場合はそのことを伝えましょう。検査後はナプキンを使用するように伝えられているクリニックも多いですので、持参するのか、準備してあるのかも確認しておくと安心です。

スポンサーリンク

→高齢出産の費用や検査時期は?血液検査でどこまでわかる?

子宮卵管造影の検査後は妊娠しやすくなる?

造影剤を注入する検査です。血液検査、子宮鏡検査の中で痛みを感じる検査として頻繁に挙げられる検査です。造影剤が入る時に痛みを感じるケースが多く見られます。痛みで辛い時は、伝えましょう。

子宮卵管造影の検査を行った後は、卵管の状態がよくなり、妊娠しやすくなるといわれています。

着床不全は薬を飲む治療も行われます。治療は漢方療法やホルモン治療、アスピリン療法、免疫補助の薬を使用する治療法などがあり、子宮や免疫、抗体の状態により行われます。

→着床不全の検査費用は?検査結果はすぐにわかるのか?

検査の痛みや不安について

検査を受ける際に心配なことがあれば、クリニックで相談しましょう。希望があれば麻酔を使用できるのかや、検査中に痛みがあった場合伝えた方がいいのかといったことについて、クリニックではどのような対応を行っているか。事前に知ることで、不安が軽減されるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

→不妊検査のタイミング!血液検査で不妊症ってわかるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です