東尾理子の不妊治療の費用!何回目で妊娠に成功した?

スポンサーリンク

自らの不妊治療の様子や、妊娠中の様子をリアルタイムに伝えている、東尾理子さん。何度も何度もトライする、諦めない姿勢が、印象的です。妊活にかかる費用についても、テレビで明かしています。妊娠するまでには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

東尾理子は原因不明不妊症だった!その場合の不妊治療の流れは?

東尾理子さんは、結婚前にブライダルチェックを受けています。妊娠に関わる検査もしており、特に問題はありませんでした。

石田純一氏と結婚後、半年が経っても妊娠せず、早めに産婦人科を受診して、不妊症検査を受けています。

不妊症検査の結果、卵管は正常、ホルモン分泌にも異常なし。妊娠しない理由は、分かりませんでした。このようなケースを、原因不明不妊症と呼んでいます。原因不明不妊症は、近年、増えています。

原因不明不妊症の場合、その後の不妊治療の方法は、2つです。より詳しく検索をして、不妊の原因を調べるか、そのまま自然妊娠の可能性を探るかです。東尾理子さんは、そのまま自然妊娠の可能性を探ることにしています。

→宇多田ヒカルの不妊の原因と不妊治療!子宮の病気との関係は?

第一子の妊娠までに人工授精も体外受精も6回ずつ受けた

原因不明不妊症と診断され、そのまま自然妊娠の可能性を探ることにした東尾理子さんは、タイミング療法から始めています。タイミング療法では、結果が出ず、次のステップである人工授精に進みます。

人工授精を6回試しますが、子供を授からず、体外受精に進みます。体外受精もすぐには成功せず、6回目で妊娠に成功。体外受精を行うにあたり、排卵を促すために排卵誘発剤を使用し、副作用で体調を崩し、辛い思いをしたと語っています。

スポンサーリンク

→大島美幸の不妊治療法!漢方で子供は本当に授かるのか?

費用が高くなる体外受精!1周期あたりの費用は30~50万円

不妊治療は、何回目で子供を授かるかが分からない点に、精神的、肉体的な苦労があります。経済的な負担も、けっして小さくなく、不妊治療をしている夫婦の43%が、経済的な理由で、治療を諦めようと考えたことがあるとされています。

不妊治療の初診は、4000~1万円ですが、この時、何回目で成功に至るかは、当然のことながら、分かりません。タイミング療法は、1周期あたりの費用が5000~1万円。人工授精では、1周期あたりの費用は1~3万円です。体外受精になると、費用が高くなり、1周期あたり30~50万円です。

体外受精で妊娠した場合、治療費の平均総額は、134万2000円。

これは、不妊治療の費用の総額に近い金額です。不妊治療の治療費の総額の平均は、140万6000円との結果が報告されています。平均的な治療期間は、25ヶ月です。ただし、36~47ヶ月治療を受けている夫婦も14.5%。治療費の総額が200~299万円のケースも12.0%あります。

→太田光代の不妊の原因は夫の太田光?不妊治療でも改善は不可?

今回のまとめ

妊娠しない理由が、一般検査で分からない原因不明不妊症。原因不明不妊症だった1人が、東尾理子さんです。原因不明不妊症では、そのまま自然妊娠の可能性を探る方法が、しばしば取られます。

治療のステップを順に上がりながら、どのステップで何回目に妊娠できるのかが分からないのが、不妊治療です。体外受精で妊娠した場合の治療費の平均総額は、134万2000円とされています。

スポンサーリンク

→安倍昭恵夫人の不妊の原因!不妊治療で子供は授かったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です