人工授精の成功率を高める秘訣!食事で気をつけたい3つの事

スポンサーリンク

不妊治療を始めたけれどなかなか妊娠しないという悩みを持っている人は今すごくたくさんいると思います。何せ日本は不妊治療が先進国の中でも断トツに普及しているのです。

しかし、その普及率に反して、不妊治療の成功率はあまり高くはないという現状にあります。その原因は色々あり、一概に何が良くないということは言えないのですが、そんな中でも少しでも成功率を上げたいと思っている方は多いはずです。

人工授精の成功率は自分で変えられる!?

不妊治療で多く実施されている人工授精は、自分の努力次第でも成功率を上げることが可能です。では一体どのようなことをすれば成功率が上がるのでしょうか。

→男性必見!人工授精の成功率を高める3つの秘訣とは?

食事で妊娠の成功率が上がるって本当?

そもそも不妊になる原因には、女性側が原因なのか、男性側が原因になるのかそれぞれ合わせると非常に多岐にわたっています。

ただ、パートナー同士で人工授精できると判断されたということは、卵子と精子それぞれがきちんと機能できているということでもあります。その機能性を向上させることが、食事でできるかもしれません。

かなり大きな金額が必要になる不妊治療ですから、やるからには成功させたいと誰しもが思うところ、何度も失敗しているという人が多い今、食事で成功率が上がるのであればぜひやってみるべきではないでしょうか。

ということで、食事で気を付けるべき点を3つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

→人工授精の費用・時間!注射は何に使うの?

食事で気を付けるべき3つの点とは?

1.食事のバランスで妊娠力をUP

これは不妊治療に限らずすべての人に言えることではありますが、栄養バランスの良い食事が良い体をつくり、良い精子や卵子を作ることに繋がります。

いざ妊娠してから、そして出産してから子供に与える食事だって、栄養バランスは非常に重要になってきます。ですから、今何も考えずに適当に食事を済ませているという方は、これを機に食事の内容を見直してみましょう。

カップめんだけ1食を終わらせたり、つい外食だらけになっていたり、揚げ物ばかり、またはダイエットで炭水化物を抜いている、お菓子ばかり食べているといった食生活はやめ、できれば主食、主菜、副菜、汁物、デザートといったように1食の食事で色々な食材を食べるようにすると良いでしょう。

調理方法も焼く、揚げる、煮る、蒸すといった様々な調理法を組み合わせてみましょう。

2.糖質やカフェインを控える

甘いものやカフェインは、卵子や精子の正常な生育に影響を与えると考えられています。仕事をしているとついつい甘いものが欲しくなったり、コーヒーを飲むことが習慣になっているという方も多いと思いますが、不妊治療中には少し控えることを意識した方が良いでしょう。

3.妊娠に必須の葉酸摂取

妊娠中の妊婦さんには葉酸が重要であるということはかなり広まってきていますが、妊活中の人にも葉酸は重要だと言われています。

葉酸を摂取することで、正常な卵子や精子を作ることに繋がります。ただ、葉酸を食事から十分な量摂取することは非常に難しいと考えられており、サプリメントが非常に多く普及しています。

妊活中から妊娠中、産後にまで使用できる葉酸サプリもありますので、サプリメントからの摂取が手軽で続けやすいでしょう。

→今すぐ葉酸サプリメントを見る

今回のまとめ

食事で気を付けるべきことは特別変わったことではありません。基本的には規則正しく、健康的な食生活を送ることができればそれで問題ありません。

また、飲み物の温度にも気を付けた方が良いと考えられており、あまり冷たすぎる飲み物を飲むと体が冷えて精子や卵子の正常な生産に影響があると言われています。

精子や卵子は暖かい環境が好みなので、体を冷やさないよう温かい飲み物もしくは常温の飲み物を飲むように心がけましょう。

不妊治療を行うということで、金銭的に大きな出費となったり、時間を通院に使うことになり有意義な時間が減ってしまうなどでストレスを感じてしまう人も少なくはありません。

ですがストレスが体にとっては一番よくありませんので、心身共に良好な状態で不妊治療に取り組めることが成功の鍵と言えるでしょう。

スポンサーリンク

→人工授精の流れ!男性から採取する時間によって妊娠確率は変わる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です