子供ができない事が理由で離婚は成立するのか?

スポンサーリンク

もともと子どもを望まないという条件で結婚するカップルが存在する一方、子どもを望むカップルも多く存在します。

結婚後、パートナーとの間に子どもがなかなかできない時、お別れという選択をするカップルも存在します。とてもデリケートな問題ですが、デリケートな問題だからこそカップルの数だけの考え方や選択があるようです。

子どもができないことから生じる夫婦間の問題

子どもができない、ということでは、結婚生活を継続していく上での大きな問題とはみなされないことが多いようで、そのまま離婚にはつなげにくいのが現状のようです。

しかし、子どもを授かりたいという願いはとてもデリケートな面を含んでいます。

夫婦が同じ気持ちで子どもを望んでいるのであればよいのですが、本音のところで差が生じてしまっているケースなどは、疲れを感じる時などに、思わぬ本音が出てしまう可能性もあります。

妊娠するための治療は、その治療法により費用が高くなったり、治療を辛いと感じたりするケースも存在します。また治療のためにその費用を作る、治療のために仕事を休む、変える、辞めるというケースも存在します。

そうした中でそれまでのライフスタイルを望むようになったり、もしパートナーが別の人であれば治療が必要なかったかもしれない、といったことについて考えるような状態になると、辛さが出てくることも否めません。

子どもがなかなか授からない、という理由だけでは離婚成立となることは難しいかもしれませんが、子どもを望む中での生活において「性格の不一致」「価値観の違い」などを強く感じるようになった時には、それが離婚の理由となります。

スポンサーリンク

→高齢出産での発達障害の確率を減らす方法!葉酸がオススメの理由とは?

不妊とカップルの選択

カップルにより、それぞれの望む優先順位により、その選択は異なるようです。男性側に子どもができにくいケースでは、AIDという選択肢を医師から紹介されることもあります。

また、治療を続ける中で疲れてしまうというケースも考えられます。疲れてしまっているために出た発言から、お互いの関係が難しくなるキッカケとなる状況も想定されるかもしれませんし、治療を続けるかどうかの話し合いがうまくできないことも想定されるかもしれません。

その一方で、子どもを望み、お別れし、別の人と新たな人生を始めるというケースも選択肢として存在します。

→2017最新版!好きなママタレランキングベスト5

結婚に求める優先順位とは?

子どもを授かるための治療を進める過程で、考え方の違いが生じ、そこからお別れすることを選ぶ際には、それだけが理由ではなく、考え方の違いや価値観の違いといったことも理由になってきます。

子どもをなかなか授からなかった場合に、二人での生活を送りたいとパートナーに望むか、治療を続けたいと望むかといった相違により、お別れが選択肢として出てくるというケースも想定されます。

現在、さまざまな価値観が浸透しはじめてきましたが、出された答えに対し、理解、配慮ある対応が広がることで、カップルの中での葛藤が軽減される面があるかもしれません。

→不妊症が原因で離婚する割合は××%!不妊で夫婦仲が悪化する理由とは?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です