いつから妊娠初期症状が?生理前に現れる典型的な症状とは?

スポンサーリンク

妊娠の症状は人によりさまざまです。体調不良が続き、クリニックに行ってみたら妊娠だった、という本人ではなく診察により医師が先に気付くというケースもあります。その一方で、ふとした普段とは違う体の状態から、もしかしたら妊娠かもしれない、と検査薬を使用し、妊娠がわかったというケースも多くみられます。

妊娠の初期症状は人により差がある!?

妊娠の初期症状は、とても早い段階では生理の予定がくる前の着床で現れ、それに気付くことがあります。着床の際に少しの出血があり、生理ではない出血であることや、妊娠の可能性があることなどから、初期症状ではないか、と気付くケースです。

妊娠の初期症状をあまり感じない、気付かない、生理の周期がきっちり決まっていない、というケースでは、妊娠の初期症状に気付かないままの状態で、妊娠していると知る場合もあります。

→妊娠初期症状はいつから?出血・腰痛・熱・喉の痛みが出る!

初期症状は人それぞれで違う!?

妊娠の初期症状は、人により異なります。腰のあたりが痛くなったり、おなかがいつもと少し違う痛み方をしたり、頭痛があったり、と体のどこかに痛みを感じるケースが多く挙げられます。

気分が悪くなる、食欲がなくなったり、匂いに敏感になったりするといった食事に対しての変化や、吐き気を感じはじめ、つわりが始まっているという初期症状もみられます。

体のだるさや熱っぽさ、情緒が不安定になるのも初期症状によるものとみられます。

スポンサーリンク

→妊娠初期症状はいつから出る?風邪っぽい症状が出たら妊娠してる?

生理前の症状ではメンタルが不安定になる

生理前になると、いつもは何でもないことでもイライラしたり、怒りっぽくなったり、傷つきやすくなって些細なことで悲しくなったり、泣いてしまうことがあります。

この状態になると本人も辛くなりますので、回避策としてはなるべく睡眠を多く摂るようにすることや、自身に無理をさせずに通常自身に課せる仕事量よりも軽くするよう心がけること、生理前でメンタルがいつもより弱くなっていると自覚することなどが挙げられます。

ほかに、食事のバランスに気をつけ、カルシウムやその吸収を助けるマグネシウム、ビタミンDなどを摂ることでも、効果は期待できます。

→ビッグダディの繁殖力から学ぶ!子供が出来やすい理由って何?

おなかが痛くなるのも妊娠の兆候

生理前にはおなかが痛くなる、という症状は比較的よく挙げられます。生理前のおなかの痛みは子宮を収縮させるよう作用するホルモンによるものです。

生理前には便秘になる、おなかがゆるくなるといったおなかに関する不調な症状も挙げられます。

おなかを冷やさないようにすることや、無理のない範囲で体を動かし、便秘を予防できる体調を維持できるように心がけることで改善が期待できます。もし症状が辛い場合はクリニックを受診しましょう。

→雅子様が愛子様を妊娠した年齢は?不妊治療を受けていたのか

妊娠するとこんな事も生理前に現れる!?

生理前は眠くて仕方がない、というケースもよく挙げられます。

毎日の睡眠のリズムを整え、就寝前にはパソコンやスマホを使用しない、起床後は朝日を浴びる、無理のない範囲で適度な運動を心がける、などを行うと睡眠の質の改善効果が期待できます。

生理前の症状は、食事や睡眠、体を動かすことで改善効果は期待できます。症状が辛い場合はクリニックを受診しましょう。

→眞子様の結婚!妊娠姿はいつ頃?母紀子様と比較!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です