妊娠初期症状の腹痛の位置は?チクチクした痛み風邪っぽく熱があると妊娠?

スポンサーリンク

生理予定日や生理予定日を過ぎた頃におなかが痛くなると、生理がきたのか、それとも妊娠初期症状かと判断が難しいかもしれません。

おなかが痛くなる要因は生理前の痛みと妊娠初期症状では異なりますが、どちらも子宮での症状ということから、痛み方での判断や、他にどのような症状が出ているかということからの判断になります。

また、おなかの痛みのほかに、妊娠初期症状は風邪の症状と似ている症状が挙げられます。生理の予定日や基礎体温などが把握できていると、そうした際の判断材料になり、婦人科での受診も比較的早い段階でできます。

生理前の痛みと妊娠初期症状のおなかの痛みの違い

生理前におなかが痛い、という症状は多くのケースで挙げられます。生理前のおなかの痛みは、子宮の収縮によるものです。

一方、妊娠初期症状のおなかの痛みは、妊娠したことでホルモンバランスが変化することによるものが原因のひとつとして挙げられます。このホルモンバランスの変化は、腸のこれまでの働きを下げ、それによりおなかの調子を崩して、おなかがゆるくなったり、便があまり出なくなったりといった不調をきたします。

また、妊娠したことによる子宮の大きさの変化もおなかの痛みの原因として挙げられます。妊娠前よりも子宮は大きくなり、そのためにおなかが痛い、と感じる症状です。痛みを感じる位置は、子宮や骨盤、足の付け根など、おなかの下の方であるケースが多くみられます。

そうした体の変化により、おなかの調子を崩し、おなかが痛いと感じる症状や、おなかのチクチクとした痛みや、足の付け根の方の痛みを感じることが妊娠初期症状では起きることがあります。

スポンサーリンク

→人工授精に1回目で成功する秘訣は?妊娠率を高めるには食事が重要

妊娠初期症状の風邪っぽさと熱について

妊娠初期は、体のだるさや熱っぽさを感じることがあります。この症状が風邪と似ており、風邪か妊娠の初期症状か判断が難しい面がります。妊娠初期は高温期が続き、熱は平熱よりやや高め、というくらいから、微熱くらいになります。風邪の症状にも、いつもより少し体温が高い、ということが挙げられます。ほかにも体のだるさや頭痛、腹痛が挙げられ、いずれも風邪の症状と似ています。

妊娠の可能性がある場合、そうした症状と併せ、生理の予定日がいつ頃かを思い出すことも重要です。

風邪に似た症状が出ているほかに、生理前に出るおなかの痛みや胸の張りといった症状が続いているものの、生理の予定日を過ぎている場合や、これまで生理前、生理中であってもおいしく食べられていたものが急に食べたくなくなった、匂いに敏感になった、気分が悪くなったり、吐き気がある、という場合には、妊娠の初期症状の可能性が出てきます。

熱っぽさやおなかの痛みが、風邪の症状なのか、妊娠の初期症状なのかで、その後の行動がかなり変わってきます。熱っぽさが続き、生理がこない、妊娠の可能性がある、という時には婦人科で検査を受けましょう。

→いつから妊娠初期症状が?生理前に現れる典型的な症状とは?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です