妊娠初期症状の出血はいつ頃から始める?茶色の出血が続くとまずいのか?

スポンサーリンク

妊娠初期は、まだ妊娠したかどうか気付いていないこともあります。しかし、妊娠を望んでいる場合には、生理の予定とともに体の様子について、些細なことを含めて把握しているケースが多く、妊娠した際の症状にも気付きやすくなります。妊娠の初期症状として挙げられる出血とはどのようなものでしょうか。

着床出血の時期!妊娠超初期とは?

妊娠初期症状に挙げられる着床出血は、「妊娠超初期」と呼ばれる時期にみられます。

妊娠の初期症状を自覚するのは、生理予定日を何日か過ぎたころだったり、生理の予定が前後することが多い場合などはもう少し後になってからということもあります。妊娠を自覚する多くのケースは、生理の予定日を過ぎていた、ということが大きな要素となっています。

一方の妊娠超初期に現れる着床出血。これは妊娠に気付く要素となる生理の予定日を過ぎても生理がこない、という時期よりも早い時期になります。

着床出血がみられるのは、生理予定日の一週間前後前というケースから、生理の予定の直前というケースもあります。人によってはまだ生理予定日も意識していない時期かもしれません。

→妊娠初期症状と生理前の腹痛の違い!3つの見分け方のポイント

妊娠超初期の着床出血の色や量について

着床出血は、着床した際にみられる出血です。出血は、おりものに少し血がついているかどうか、という程度である場合から、生理と間違えるような出血というケースもみられるようです。

色についても、薄いピンクや茶色のおりもののような状態など、さまざまです。着床出血には個人差があるため、出血の日数や出た血の状態も異なり、絶対にこの状態、という決定的な判断は難しいようです。

また、着床出血は妊娠した際に必ずみられるではありません。

スポンサーリンク

→人工授精で妊娠した時の症状!通常の妊娠との違いは?

着床出血は生理との見分け方が難しい場合がある

着床出血は、おりものの色が茶色がかっていたり、ピンクだったりということから、着床出血に気付いても、出血の状態が生理に似ているケースもみられます。出血の量や期間が通常の生理の時とは違うことから、生理ではなかった?と着床出血がみられた後に生理との違いに気付くケースが多くみられるようです。

妊娠初期症状には、着床出血のほかに、おなかの痛みが挙げられます。おなかのチクチクしたり引っ張られるような痛みなどが症状として挙げられますが、痛みがひどいなどの場合は、婦人科を受診しましょう。

→妊娠初期症状の腹痛はいつから?下痢が血便も出るのか?

妊娠しているかどうかの判断と要素は?

着床出血は、妊娠していると気付ける要素のひとつです。しかし、着床出血があった直後に妊娠だと判断するのは難しく、その後妊娠がわかった時に、着床出血だったと気付くケースが多くみられます。

もちろん着床出血も妊娠の症状として注意すべきですが、判断が難しい面もありますので、毎朝基礎体温をつけておくことや、自身の体調について把握しておくことも、妊娠に気付ける大きな要素となります。

また、妊娠して着床出血の症状があるケースは2%ほどといわれていることから、着床出血がみられなかったら妊娠していない、と決定するわけではないようです。

スポンサーリンク

→妊娠初期症状による腹痛!位置は全体?それとも左側?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です