ビタミン12と葉酸が欠乏して起こる貧血!妊娠中に簡単にサプリを取る方法

スポンサーリンク

葉酸は赤血球を作るために必要な栄養素です。

また、細胞分裂を促す作用もあります。妊娠中や授乳期には普段以上に必要になってきます。葉酸には、赤血球の細胞の形成を助けたり、血液を作る働きがあります。

葉酸は体に蓄積しておくことができないため、絶えず取り続ける必要があります。また、葉酸は加熱によって失われやすいため、食事から十分な葉酸を摂ることは難しく、そのため栄養補助食品やサプリメントを活用して摂る方法もあります。

葉酸は、野菜ではほうれん草、モロヘイヤ、芽キャベツ、ブロッコリーに多く含まれ、果物類ではマンゴー、ネーブルオレンジ、いちご、りんごに多く含まれます。他では牛レバー、焼きのりなどにも含まれています。

葉酸は、妊娠中のお母さんには赤ちゃんのために特に多く必要とされ、不足すると赤ちゃんへの影響もあるといわれています。十分に摂取したいですね。

ビタミンB12の欠乏による貧血

ビタミンB12は、赤血球の産出に欠かせない葉酸の働きを助けている栄養素です。ビタミンB12が不足すると、正常な赤血球が作られなくなるため、ビタミンB12欠乏性貧血が引き起こされます。

ビタミンB12を多く含む食品は、しじみ、赤貝、すじこ、牛レバー、あさり、ホッキ貝、いくら、ハマグリの佃煮、鶏肉レバー、アンコウの肝、味付け海苔、焼きのり、煮干し、乾燥青のり、たたみいわし、いわしみりん干し、鰹節、あさりの佃煮等です。

貝類や海藻類に多くのビタミンB12が含まれています。毎日摂るのなら、味付けのりや焼きのり、佃煮ならば、忘れず続けられそうですね。

スポンサーリンク

→高齢出産での発達障害の確率を減らす方法!葉酸がオススメの理由とは?

貧血を防ぐためにはベルタ葉酸サプリがオススメ

ビタミンB12と葉酸は非常に相性が良く、赤血球の産出に欠かせない葉酸の働きをビタミンB12が助けています。

葉酸が不足してもビタミンB12が欠乏しても、赤血球は正常に作られません。葉酸の吸収を補助するビタミンB12と一緒に葉酸を摂取すると、体内への吸収率が上がります。

ベルタ葉酸サプリには、葉酸の他にも13種類のビタミン、14種類のミネラル、さらにアミノ酸20種類等が含まれています。13種類のビタミンの中にはもちろんビタミンB12も入っています。

これらの栄養素を簡単に摂取できるベルタ葉酸サプリを飲んでいれば、葉酸欠乏性貧血等の貧血を防ぐことができるほか、赤ちゃんの先天性の異常も防ぐことができます。

妊活中、妊娠中、授乳期のいつでも服用が推奨されていますので、食事で不足しがちな栄養素をベルタ葉酸サプリで補って、元気な赤ちゃんを産み、育てましょう。

→今すぐベルタ葉酸サプリの詳細を見る

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です