人工授精後に腹痛や出血が起こる原因は?

スポンサーリンク

人工授精は人工的に精子を子宮内に注入するという不妊治療法で、不妊治療法の中では非常にポピュラーな治療法です。

方法も精子を器具によって注入するというだけで、特別リスクのある治療を行う訳ではないですし、費用もあまり高額にはならないということから、選択する人が今後ますます増加すると考えられています。しかし、人工授精を行ってみて、毎回腹痛や出血があるという方もいるようです。その原因は何なのでしょうか。

人工授精後に腹痛が起こる原因とは?

人工授精後、腹痛が起こるという人の原因は色々あるようです。中には原因不明なものも多いようなのですが、元々の体質が関係していることが多いです。

痛みを感じやすい人は、子宮頸管が曲がっている人に多く、精子を器具で挿入する際に傷つけてしまうことが原因です。ひどく痛むことは非常にまれで、痛みを感じた人も施術が終わるとほぼ痛みを感じないということが多いです。
また、子宮内部の内診の経験がない人は感覚が敏感になっているということからも痛みを感じるとのことです。

しかしながら、不妊治療開始時には色々子宮内部の検診も行うはずですので、このケースはほとんどないでしょう。同様に元々子宮内部の感覚に敏感な人は痛みを感じるのかもしれません。

次の原因は着床痛です。これは精子が着床する際に感じる痛みのことで、人工授精に限らず自然妊娠でも起こり得ます。この痛みを感じれば妊娠に成功したとか、失敗したとかそういった決め手にはならないのですが、妊娠経験がある人は、チクっとした痛みに、着床を実感できるという人もいるようです。

スポンサーリンク

→人工授精後チクチクした腹痛がいつまで続くと妊娠の可能性?

人工授精後の出血の原因について

痛み以外にも人工授精で出血する場合があります。このケースも稀ではありますが、子宮内部に器具を挿入していく際に子宮頸管を傷つけてしまうことが原因です。ただ、この場合の出血は非常に少量で、すぐに止まります。もしも止まらないという場合や多量だという場合には何か他の事情があると考えられます。病院へ行きましょう。

これ以外にも着床時に出血することがあります。これを着床出血といい、人工授精以外の自然妊娠の場合にも起こる可能性があります。生理の出血よりも少ない、おりもののような出血なのですが、この場合の出血は妊娠が上手くいっていることを表しています。

それ以外の急激な腹痛や大量の出血があった場合には、精子を送り込む過程で子宮が強く収縮していることが考えられます。その他細菌感染の危険性もありますので、すぐに病院を受診した方が良いでしょう。

細菌は衛生管理もしっかりと行われていますので、細菌感染の可能性はほとんどないに等しいですが、子宮頸管を傷つけてしまった場合には可能性はゼロではないため、自分は大丈夫だろうという気持ちを持たずに、何か少しでも異常を感じたら相談した方が良いでしょう。

→人工授精後の過ごし方!当日のお風呂・仕事・運動・お酒はNG?

今回のまとめ

妊娠は何度も経験できるものではありませんので、どんな女性でも少々の痛みや体の変化に敏感になります。はじめての体験ばかりですし、妊娠による体の変化の感じ方は本当に人それぞれです。

ですから、周囲に相談しても解決できない悩みもたくさんあると思います。だからこそ、信頼できる、何でも相談しやすい病院選びが重要になってきます。

実績がある病院を、友人がおすすめしている病院を、口コミ評価が高い病院を、などなど、不妊治療を行う医療機関を探す上で参考にする情報は色々あると思いますが、何よりも一番大事なのは、自分が信頼できるか、何でも話すことができるのかという点にあると思います。

痛みや出血は、誰でも多少あるものだと考える人もいると思いますが、やはりだらだらと続いたり、痛みが増してくるようなら何か危険のサインかもしれません。

お腹で赤ちゃんになろうとしている過程で何かあったのかもしれませんし、または自分の体が何らかの問題を生じているのかもしれません。人工授精後の体調の変化には慎重になった方が良いでしょう。

スポンサーリンク

→人工授精後の着床何日後から出血や腰痛の症状が見られる?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です