妊娠超初期症状がない原因!症状がないと流産が起こる?

スポンサーリンク

妊娠したかも、という場合の多くは妊娠初期症状が現れているケースです。いつもとの体調の違いや、妊娠初期症状として挙げられているのと同じような症状が出た、ということから妊娠検査薬を使って、ということもあるのではないでしょうか。

その一方、そうした妊娠初期症状の情報を得ているものの、妊娠の初期症状が感じられないまま、妊娠検査薬は陽性と出るケースも見られるようです。

妊娠初期症状は人により異なる

妊娠初期症状の着床した時の出血は、かなり早い段階で自覚できる症状です。着床は生理予定日よりも前になります。

着床による出血は、その時期や出血の量、色により、生理と間違えられるケースもあるようです。着床出血は妊娠した人の全てに見られる妊娠初期症状ではなく、全体の2割程度と決して多い割合ではありませんが、着床出血により妊娠に気付いたケースはかなりあるようです。

つわりは、症状がないというケースが3割ほど見られるそうです。

つわりは妊娠初期症状の中では、比較的妊娠していると気付きやすい症状です。ただし、必ずつわりは妊娠初期から始まるとは限りませんし、妊娠初期で治まらないケースもあるようです。

おなかの調子を崩すことも妊娠の初期症状として挙げられます。おなかの調子を崩すことは、つわりによる食事の変化も関係しています。

ただし、もともとおなかが比較的丈夫であるという人は、つわりや妊娠によりおなかの調子を崩すことが少ないと言われています。

基礎体温は、生理の予定日を過ぎても生理がこない、他の妊娠初期症状がある、といった時にとても判断しやすい要素です。生理前になると体温が低くなりますので、生理の予定日を過ぎても体温が高い時は妊娠の可能性が高いと考えられます。

妊娠初期症状がない、という際にも、体温を測ることで妊娠の可能性がわかりやすくなってきます。
そのためには、普段から基礎体温をつけておくことが重要になってきます。

スポンサーリンク

→妊娠初期に良い食べ物はフルーツ!オススメのフルーツ7選

妊娠初期症状がない心配について

妊娠してからの体調の変化は人により異なってきます。妊娠初期症状がない場合ももちろん含まれます。妊娠初期症状がない場合でも、産婦人科で受診し、妊娠していることがわかれば、体を大切にし、無理をしないように心がけて過ごすことが重要です。

また、妊娠初期症状には、些細なことで泣いてしまったりとメンタル面の変化が現れます。あまり自覚はなくとも、妊娠初期症状がない、ということで心配になってしまうことがあるかもしれませんし、逆に妊娠初期症状が出ることでも心配になることもあるかもしれません。

→妊娠超初期症状がない人とある人の割合は?

心配なことがあれば婦人科へ行くことをオススメします

妊娠による体の変化は人により異なる面があります。着床出血やつわり、おなかの調子のほか、おなかのチクチクした痛みや眠気、メンタル面の不安定さなどさまざまな症状が挙げられます。その多くに当てはまるケースから、ほとんどの症状を自覚しないケースまでみられます。

症状の出方による個人差があると捉えてよいようですが、おなかの辛い痛みなど、気になる体調の変化が見られる場合などは検診日でなくとも事情を説明し、婦人科を受診するようにしましょう。

→妊娠中に葉酸が不足すると胎児に及ぼす恐ろしい影響とは?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です