妊娠超初期症状に喉の痛みや咳が出る理由!風邪の症状との違いは?

スポンサーリンク

妊娠の初期症状の時期は、まだ妊娠に気付いていないことも多くみられます。そのため、体調の変化に対し、妊娠初期症状ではなく風邪などの症状ではないか、と自己判断してしまうこともあるようです。

妊娠による喉の痛みの原因

妊娠の初期症状には、喉の痛みなどの症状が現れるケースが見られます。
喉の痛みなどの原因といわれているのが、妊娠したことにより、ホルモンバランスが大きく変化すること、自律神経が乱れることが挙げられています。

→妊娠超初期症状がない人とある人の割合は?

妊娠初期症状に起こるつわりが原因

また、妊娠初期症状に挙げられるつわりも喉の痛みや違和感に関係しているそうです。つわりにより、喉に痛みを感じたり、違和感があるというケースがみられます。

つわりの症状は気分が悪くなる、苦手な匂いに敏感に反応し、気分が悪くなる、よだれが大量に出るといったことも含まれます。

つわりの症状は、人により異なります。気分が悪くなるということのないケースから、これまで通りの食事がしにくくなるほどの症状まで見られ、つわりがひどい際には婦人科で薬を処方してもらったり、点滴を受けたりということもあります。尚、つわりの薬は婦人科で相談し、処方してもらうようにしましょう。

→ママさん必須!妊娠初期に注意すべき食べ物5選!

妊娠初期は風邪を引きやすい?

また、妊娠中は免疫力が低下しているといわれています。そのため、妊娠中は風邪にも注意が必要です。妊娠初期症状のほかに、風邪の症状が出るという可能性も出てきます。

妊娠中は普段以上に気を使うよう心がけましょう。
もし妊娠中に風邪の症状が出たと感じ、体調が優れない時には自己判断で薬などを使用しないようにすることも重要です。

スポンサーリンク

→妊娠初期の食べ物で性別が変わるのか?

妊娠性鼻炎と風邪の症状との違い

ただし、喉の痛みや違和感は、風邪の症状との見分けが難しい面があります。喉の痛みだけで、鼻水が出ないのなら妊娠初期症状といった見分け方も、妊娠性鼻炎という症状があることから、判断要素としては難しいところです。妊娠性鼻炎は、妊娠により鼻水やくしゃみなどの症状が出ます。鼻水は透明な水のような状態のものが出るといわれています。

妊娠初期症状と風邪でも現れる症状の比較は難しい面があることから、妊娠初期の特徴的な症状が出るかを把握しておくとよいでしょう。

妊娠初期症状には、生理予定日より前、直前に着床出血がみられる、おなかの下の方がチクチクとした痛みを感じる、足の付け根の方からの引っ張られるような痛み、メンタル面が不安定になるなどが挙げられます。

ほかに、風邪の症状か判断が難しい症状には、おなかの痛みやおなかの調子を崩す、微熱やだるさが挙げられます。

また、基礎体温とおりおのの変化からも、妊娠初期症状かは判断がしやすくなります。生理予定日を過ぎて体温が高温のままであったり、生理予定日になってもおりものの量が多いことも、判断要素となります。

普段から基礎体温をつけておくことや、おりものの状態を把握しておくことは、体の変化があった際に、その症状をある程度自身で判断できる要素になります。

→妊娠超初期症状がない原因!症状がないと流産が起こる?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です