葉酸サプリに含まれる添加物は本当に安全?

スポンサーリンク

避けた方が良い添加物

ショ糖脂肪酸エステル(乳化剤)

粘りを与えて錠剤を成形しやすくするための増粘剤です。妊娠中の場合、赤ちゃんの染色体異常や奇形をまねくという説もあるので、妊婦さんは避けた方が良いでしょう。

アセスルファムK(アステルパーム)

錠剤を飲みやすくする人工甘味料です。赤ちゃんの奇形や脳障害をまねくという説があります。安全性試験では問題ないとされていますが、やはり妊婦さんは避けた方が良いでしょう。

いずれも健康食品として摂取するなら大丈夫ですが、妊娠中のお母さんは気をつけなければなりません。できるだけ避けましょう。

注意したい添加物

着色料

タール系色素は特に危険で、奇形やがんをまねくという説があります。

香料

食用で認められているサリチル酸メチルなどは、過剰摂取すると腎臓や胃に影響すると言われています。

アカシアガム(アラビアガム)

粘りを与えて成形しやすくするための増粘剤です。まれにアレルギーを起こす可能性があるので、体質によっては注意が必要です。

色素・着色料・香料など、何が入っているのかわからない書き方をしている商品は、あまり信用できませんね。きちんと成分表示している商品を選びたいものです。

アカシアガムは、大体の人は問題ありませんが、アレルギーが出る場合がありますので、敏感な体質の人は避けておくと安心です。

安心とは言い切れない添加物

増粘多糖類

錠剤の形にしやすくするために使用します。アカシアガム・カラギナン・グァーガム・ローカストビーンガム・タマリンドガム・キサンタンガム・カードランなどの総称なので、何が使われているか「増粘多糖類」だけでは分かりません。少し注意が必要です。

増粘多糖類の表示だけでは何が使われているかはっきりしないため、添加物に気を遣いたい人は注意すると安心ですね。色素や香料、増粘多糖類の表記方法では、メーカーの誠実さが試されます。何を使っているか、きちんと書いている商品を選びたいですね。

スポンサーリンク

→妊娠5ヶ月から葉酸摂取は遅い?妊娠中期以降は必要ないの?

安全な添加物

ステアリン酸Ca

混ざりにくいもの同士を混ぜ合わせる乳化剤です。パーム油などのステアリン酸から作られ、体にほぼ吸収されない性質を持っています。

セルロース

粘りを与えて成形しやすくするための増粘剤です。不溶性食物繊維のため体の外に排出されます。

還元麦芽糖水飴・麦芽糖・マルトース

賦形剤として錠剤の形を整えるために使われています。麦の他、トウモロコシやジャガイモから作られます。

還元パラチノース

甘味料として錠剤に甘みを与えて、飲みやすくするために使われます。砂糖が原料なので、安全です。

ゼイン・ツェイン・トウモロコシたん白

錠剤をコーティングしているトウモロコシ由来の成分です。安全性が高いと言われています。

デキストリン

栄養素同士を固める成分です。ブドウ糖が結合したものなので、安全です。

安心して取れる葉酸ならベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリに添加されているものは、セルロースとステアリン酸Ca。どちらも安全な添加物です。ベルタ葉酸サプリには、葉酸の他に野菜や美容成分、ビタミンやミネラルなどが含まれています。添加物も少なくて済むのです。

添加物にも、安全なものとそうでないものがあります。きちんと見極めて商品を選びたいですね。

→今すぐベルタ葉酸サプリの詳細を見る

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です