産婦人科推奨の葉酸サプリとは?産婦人科でも貰えるの?

スポンサーリンク

葉酸は、厚生労働省が摂取を推奨している栄養素で、だからこそ病院や産婦人科医にも葉酸が大事だという通達は届いているはずです。でも、病院や産婦人科で葉酸サプリを処方してもらうことは可能なのでは、と思いがちですが、そこは各病院によって異なり、簡単に葉酸を処方してくれるわけではないようなのです。

病院で処方される葉酸は、基本的に保険外

病院でもらう薬なんだから、保険が効いて安いだろう、と思ったら大間違いです。ほとんどの場合、葉酸サプリは保険適用外です。もちろん、明らかに葉酸不足で、妊娠しても胎児に問題が起きやすいような葉酸欠乏症が疑われた時などは、薬として葉酸を処方してもらうわけですから、治療目的に該当し、保険が適用されます。

でも、特に異常はないけれど、健康のために飲んでおこうかという場合、保険は適用外となり、葉酸を処方してもらうのも高額になってしまいます。治療目的とそうでない場合で保険が適用されるかどうかが変わってきます。注意しましょう。

→ディアナチュラ葉酸サプリの安全性!ベルタ葉酸サプリがオススメの理由

病院で処方されている葉酸

基本的に、病院で処方される葉酸に含まれている成分は、葉酸だけ、という場合が多いです。確かに、妊娠を望む女性や妊婦さんにとって大事な成分である葉酸が含まれていることは大事ですが、不妊や妊娠中に必要な栄養素は葉酸だけではないんです。これでは、コンビニやドラックストアに売っている安い葉酸サプリの方がまだましかもしれません。

スポンサーリンク

→不妊に葉酸サプリがオススメの3つの理由!

病院の葉酸よりベルタ葉酸サプリがオススメな理由

ベルタ葉酸サプリには、妊娠時に必要な栄養素がほぼ含まれていると言えるでしょう。葉酸400㎍、27種類のビタミン・ミネラル、鉄分20mg、カルシウム232mg、21種類の野菜、美容成分6種類、そして無添加であること。妊娠を望む女性や、妊婦さんにとって、必要な栄養素がギュッと詰まっています。

例えばカルシウムなどは、妊娠時に赤ちゃんの歯や骨を形成するために母親のカルシウムを使います。ですから、単純に考えて赤ちゃんにカルシウムをあげると、自分の分もカルシウムは必要になりますから、妊娠時は非常にカルシウムを消費します。

ベルタ葉酸サプリでは、カルシウムを232mg配合し、消費量の多いカルシウムをサポートしています。また、妊娠中期には鉄分が不足してきますので、鉄分も20mgと、妊婦さんの体をサポートしています。

ベルタ葉酸サプリは、1個5,980円ですが、定期購入にすると1個3,980円になります。6ヶ月間は続けなければなりませんが、妊娠する前から授乳期まで飲むことができます。病院の葉酸より、ベルタ葉酸サプリの方がお勧めです。

→今すぐベルタ葉酸サプリの詳細を見る

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です