葉酸サプリの危険性とは?デメリットや副作用も把握しておく事

スポンサーリンク

葉酸は、厚生労働省でも通常の食事にプラスして、1日400㎍の葉酸をサプリメントで摂取することを推奨されています。葉酸サプリは、妊婦さんや胎児に吸収されるものです。副作用や危険性はないのでしょうか。

葉酸サプリの副作用とは?

葉酸のようなビタミンには、脂溶性と水溶性があります。脂溶性は体に蓄積され、水溶性は尿として体の外に出ます。葉酸のビタミンは水溶性で、少しの過剰摂取なら体の外に排出されるので、副作用のリスクは比較的少ないと言われています。

しかし、大量に摂取してしまうと、体の外に排出される前に副作用が出てしまいます。過剰摂取とされるその量は、厚生労働省では1000㎍と定めています。

副作用の主な症状は、食欲不振、吐き気、不眠症、むくみ、発熱、蕁麻疹、紅斑、かゆみ、呼吸障害、亜鉛の吸収率低下、赤ちゃんの喘息リスクの上昇があります。中でも気になるのは、赤ちゃんの喘息リスクの上昇ではないでしょうか。

オーストラリアの研究で、妊娠30~34週頃に葉酸サプリを1000㎍摂取してしまうと、赤ちゃんが喘息になるリスクが25%上昇するという発表がありました。

この研究発表によると、妊娠30~34週の間に合成葉酸を1日1000㎍摂取すると喘息のリスクが高まるということなので、妊娠後期に合成葉酸で作られた葉酸サプリを過剰に摂取しなければ、特に気にする必要はなさそうです。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」で、何事も摂りすぎは良くないということですね。

スポンサーリンク

→産婦人科推奨の葉酸サプリとは?産婦人科でも貰えるの?

葉酸の副作用を防ぐためには!?

葉酸による副作用を避けるためには、葉酸サプリの選び方が非常に重要になってきます。まずは1000㎍以上の葉酸の摂取を避けなければなりません。

葉酸サプリには、海外製の比較的安いものもあるのですが、摂取目安量を無視したものも存在します。安さも大事ですが、海外製は避けた方が無難だと思われます。

また、添加物にも気をつけなければなりません。添加物を大量に摂取してしまうと、赤ちゃんがアレルギー体質になりやすくなってしまうのです。

またサプリメントにはショ糖脂肪酸エステルや、アセルスファムカリウムという添加物が入っている場合が多く、この添加物には赤ちゃんのダウン症発生率を高める危険性があるとされています。コンビニや薬局で売られている安いサプリメントには、添加物の配合が多いものがあります。

→ディアナチュラ葉酸サプリの安全性!ベルタ葉酸サプリがオススメの理由

オススメはベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリは、葉酸の量が400㎍と、規定量をしっかりと守られています。また、脂溶性ビタミンの配合率にも配慮がされています。安全なサプリを選びたいのなら、ベルタ葉酸サプリがお勧めです。

→厚生労働省が推奨する葉酸摂取量は?簡単に摂取するには×××オススメ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です