葉酸を摂取すると妊娠しやすい体になる?不妊症にも効果あり?

スポンサーリンク

葉酸は造血ビタミンとも言われていて、その作用から「着床促進」「着床後の受精卵の成長」に働きかける効果があるとも考えられています。

葉酸を十分に補給することで、造血作用から結果的に「子宮内膜強化」・「子宮内の血流促進」につながり、着床が促され、着床後の受精卵をサポートする、と考えることもあるようです。

葉酸で妊娠しやすくなるって本当?

葉酸を摂取することで子宮内膜がフカフカして厚く強化されていれば、着床しやすくなります。子宮内膜の強化によって受精卵が守られ、着床の定着率を高める、とされています。

確かに、葉酸の造血作用によって、子宮が強化されるということがあると思います。受精卵の着床率にも効果を発揮するでしょう。

しかし、葉酸は不妊治療薬ではありません。本当の効果は、神経管閉鎖障害などの先天性異常のリスクを抑える働きがある、ということなのです。

→妊娠5週目からの葉酸摂取は遅い?オススメの葉酸サプリは?

葉酸は妊娠してから飲めばよい?

実は、葉酸が最も必要とされるのは妊娠1週目なんです。でも、妊娠1週目なんて、女性が気付くことはほぼ不可能です。

妊娠に気づくと言えば、生理が来なかったりした時だと思うのですが、生理が遅れたことに気づいたときには妊娠4週目に入っています。それ以前の時期では、妊娠検査薬も反応しませんし、産婦人科でも判断はできません。

つまり、まだ妊娠が判定できない時期にこそ葉酸が必要とされるのだから、妊娠の可能性がある女性は今から飲んで備えましょう、ということなのです。

葉酸は、妊娠しやすい体質にしてくれる成分ではなく、健康な赤ちゃんを産むために必要な成分なのです。だから、妊娠前から飲みましょう、と言っているわけで、決して不妊治療のために飲むのではないのです。

スポンサーリンク

→ベルタ葉酸サプリを妊娠中に摂取する3つのメリット

どの葉酸サプリを飲むかが重要!

葉酸サプリにはいろいろあって、選ぶのに困りますが、お勧めするなら「ベルタ葉酸サプリ」でしょう。ベルタ葉酸サプリでは、葉酸だけでなく、女性に不足しやすい成分をバランスよく配合しています。

葉酸400㎍・鉄分20mg・美容成分6種類・アミノ酸20種類・野菜21種類・カルシウム232mg・ビタミン・ミネラル27種類と、これだけのものが含まれています。

葉酸はモノグルタミン酸型葉酸で、ビタミン・ミネラルの中には葉酸の吸収に必要なビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC・カルシウムも含まれています。

葉酸は、妊娠しやすい体には少し貢献していますが、不妊症には効果はありません。葉酸は、妊娠に関する万能薬ではないのです。

→妊婦が葉酸を摂りすぎると起こる事とは?過剰摂取は危険なの?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です