インリンも不妊治療で出産!双子が多く産まれる理由って何?

スポンサーリンク

不妊治療によって、授かったのが、双子。インリンも、そうしたケースです。自然妊娠で産まれるより、不妊治療を受けた方が、双子が産まれることは、多いとされます。不妊治療によって、双子が産まれやすいのは、どうしてでしょうか?

インリンのケース!二人目不妊には理由が見つからなかった

インリンは、第一子を妊娠する前にも、第二子を妊娠する前にも、不妊治療を受けています。不妊の原因は、第一子の時には、高プロラクチン血症です。高プロラクチン血症の治療を経て、2010年7月に第一子を授かっています。

二人目を望んでから、1年以上経っても、なかなか妊娠できず、再び、不妊治療を開始します。この時、不妊の原因は、不明でした。卵管にもホルモン分泌にも異常が無く、不妊の原因が分からない、原因不明不妊症は、近年、増えています。

→はしのえみの不妊治療法!高齢出産でも元気な子供を産むには?

漢方医療による治療で妊娠力アップ!決定的なのは×××だった

不妊の原因が分からなかったため、インリンは、不妊治療に、漢方医療の伝統的な治療を受けています。妊娠力を高めるため、体の冷えには、十分な注意を払いました。低温期には、お風呂上がりに“よもぎ蒸し温座パット”を2時間付けるようにしたと言います。

インリンが、「決定的」として、ブログの「妊娠に至った経緯」に記したのは、排卵誘発剤です。排卵は毎月していたものの、低温期が長く、医師に「飲んでみる?」と勧められて、排卵誘発剤を飲んだそうです。基礎体温表のグラフが、サンプルと同じくらいに綺麗に整ったと、インリンは明かしています。

スポンサーリンク

→矢沢心の不妊治療法!不妊症の原因や解決策は?

排卵誘発剤を飲むと多胎妊娠が起こりやすくなるのはなぜ?

排卵誘発剤は、不妊治療では、タイミング療法から用いられます。排卵誘発剤を使うと、妊娠の成功率が高まることが、知られています。排卵誘発剤を使うことで得られる、排卵率は70~80%。妊娠の成功率は、20~40%です。

排卵誘発剤を使うと、一度に複数の卵胞が発育し、排卵されることがあります。その結果、双子以上の多胎妊娠が、起こる確率が高くなります。飲み薬では5%、注射薬では20%まで、多胎妊娠の確率が上がります。

飲み薬では双子、注射薬では三つ子や四つ子が、産まれる確率になります。ちなみに、自然妊娠での多胎妊娠の確率は、1%未満とされています。

→後藤真希は不妊症じゃない?不妊の定義とは?

今回のまとめ

不妊治療では、妊娠の成功率を高めるために、排卵誘発剤が使われます。排卵誘発剤には、多胎妊娠の副作用があります。一度に複数の卵胞が発育して、排卵されることがあるからです。排卵誘発剤を使うと、自然妊娠での多胎妊娠よりも、高い確率で双子以上の多胎妊娠をすることがあります。インリンが双子を授かったのは、まさに、そうしたケースです。

スポンサーリンク

→永作博美の不妊症の原因!不妊治療をどうやって克服した?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です