中山美穂を苦しめた子宮筋腫とは?原因や治療法について

スポンサーリンク

女優の中山美穂さんが患った病気として、話題になったのが、子宮筋腫です。子宮筋腫は、日本産科婦人科学会によると、30歳以上の女性の20~30%に認められるとされています。中山美穂さんも苦しめられた子宮筋腫とは、何が原因で引き起こされる病気でしょうか?最新の治療法についても説明します。

子宮筋腫とは子宮に出来る良性の腫瘍!発生にはエストロゲンが関わっている?

子宮筋腫とは、子宮を形成する筋肉の細胞が増殖して出来る良性の腫瘍です。腫瘍自体に、命への危険性はありません。悪性に変化する事も、あまりありません。

詳しい発生原因は、まだ解明されていません。初潮前の女性には見られず、閉経後には筋腫が小さくなります。更年期に発見された子宮筋腫の多くは、閉経を迎えると、自然に縮小して行きます。

そのため、「エストロゲン」という女性ホルモンが、子宮筋腫の発生や増大に関わっているのではないかと考えられています。

→子宮がんを公表した芸能人や有名人は?

子宮筋腫は放置していると大きくなる!不妊の原因にもなる

子宮筋腫は、小さかったり、症状がほとんど無い場合は、経過観察になるのが普通です。しかし、放置すると、非常に大きく成長してしまい、下腹部痛、排尿痛、貧血などの症状が酷くなります。

中山美穂さんは、貧血で、鉄分補給の薬を服用していたと言います。

また、不妊の原因にもなります。子宮筋腫が出来ると、受精卵が着床するスペースが減ります。そればかりか、子宮の内壁が硬くなったり、凸凹に変形したりするため、受精卵が着床しづらくなります。その結果、初期流産を引き起こすリスクが高まります。

スポンサーリンク

→子宮内膜症を公表した芸能人や有名人

中山美穂さんも受けた治療法!子宮筋腫を切らずに治療できるUAE

子宮筋腫は、握りこぶし大になると、手術によって切除する処置が取られるのが普通です。腫瘍のある部分のみを切り取るのは、「筋腫核出術」と呼ばれます。ただし、最近は、切らない治療法に注目が集まっています。「UAE(子宮動脈塞栓術)」という治療法です。中山美穂さんも受けた治療法として知られています。

UAEは、子宮に栄養を供給する血管を薬で閉じて、筋腫への栄養を断ち、筋腫を壊死させる治療法です。塞栓物質のうち、エンボスフィアが、2014年3月から保険適用になり、日本でも15~20万円で受ける事が可能になりました。

筋腫の壊死後に、剥がれ落ちて自然に排出され、筋腫が消滅する事があります。中山美穂さんも、筋腫がほとんど無くなったと報告し、以降、UAEは注目度が上がりました。

ただし、あまりに大きい筋腫だと、摘出した方が良い事から、UAEは適応外になる事があります。また、放射線科と婦人科での連携が必要になるため、全ての病院で施術できるわけではありません。

→向井亜紀のケース!子宮頸がんステージ3だと全摘出しか方法はない?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です