熊田曜子第三子妊娠!酷い妊娠線を予防して美しい体をキープする方法

スポンサーリンク

タレントの熊田曜子さんが第三子を妊娠した事を公表しました。
2018年1月12日の「ノンストップ!」に出演した熊田曜子さんは、花柄のワンピースを着用。
お腹がゆったりしたデザインで、妊婦らしさを感じさせる様子でした。
第三子の妊娠に、出演者から祝福の声と拍手が上がりました。

ネットでもタイミング良い妊娠に祝福の声が上がっている

熊田曜子さんは、2012年7月に結婚しました。お相手は一般男性です。
同年12月に第一子の女児を出産しています。2015年10月には第二子の女児を出産。

2018年1月11日に所属事務所を通して、妊娠を発表しています。妊娠5ヶ月に入っています。出産は6月の予定です。
子供がイヤイヤ期を過ぎた頃に妊娠しており、タイミングの良い妊娠に、ネットでも祝福の声が上がっています。
熊田曜子さんは、第三子の妊娠について、「3人欲しかったので、すごく嬉しいです」と喜びを語っています。

→東尾理子が第3子妊娠!高齢出産のリスクでの障害を軽減する方法

第三子妊娠の喜びと入り乱れるのが妊娠線の憂うつ!第一子の妊娠時には考えられないほど酷い

熊田曜子さんのように妊娠を繰り返した場合、気をつけなくてはならないのが妊娠線です。
妊娠中は、コラーゲンを生成するホルモンのバランスが崩れます。
妊娠して皮下脂肪を急激に蓄えている体に、皮膚の伸びが追いつかないために出来る、ひび割れが妊娠線です。

お腹の膨らみは、第一子の時は、それほど目立たないという人が少なくありません。
初産の時には、なかなかお腹が大きくならず、妊婦の実感が湧かないというケースもあります。

しかし、第二子、第三子と妊娠を繰り返すたびに、お腹はすぐに大きくなっていきます。
経産婦だと、子宮は一度大きく膨らんだ事があるため、お腹は簡単に大きくなります。
第三子妊娠を安定期に入ってすぐに発表した熊田曜子さんも、すでにお腹の膨らみが分かるようになっています。

→押切もえの出産予定日は?妊娠すると逆に痩せるって事も実はありえる!?

妊娠線が酷くなると下腹が目も当てられない状態になる!妊娠中は見えないから気にならない⁉︎

妊娠線は、下腹に出来やすいものです。下腹は、真下が見えない妊婦には死角です。
下腹に出来た妊娠線は、かなり酷くても、妊娠中は気づきません。

見えるはずのヘソ周りも、妊娠線が出来やすいところです。
ヘソ周りの皮膚はお腹が大きくなっている時は、皮膚が伸びきっているので、意外と気づきません。
妊娠線が出来たと気づくのは、出産を済ませてお腹が再び小さくなった時になります。

妊娠中に妊娠線が酷い事に気づく妊婦は、ほとんどいません。
「妊娠線が出来てるかも?」と不安に感じる事はあっても、見えないし気づかないのが普通です。
お腹が小さくなって、はじめて妊娠線が酷い状態なのに気づき、「もうビキニは着れない」と落ち込む事になります。

→双子の子供を持つ芸能人・有名人一覧

二人目、三人目の妊娠ほど自分に時間をかけよう

妊娠線が出来るのは、全ての妊婦の50~60%とされています。
ところが、経産婦に限定すると、割合が上がります。
経産婦の80%に妊娠線が出来ると報告されています。

初産の時よりも、お腹がすぐに大きくなるというのが、理由の一つです。
しかし、こればかりが原因ではありません。
初産の時は、お腹が自分の意思と関係なく大きくなっていく事に、誰もが不思議の念を抱きます。
自分の体の線の変化に敏感になります。

妊娠線という美容の大敵が生じると聞いて、ケアを熱心にする妊婦も少なくありません。
ところが、初産で妊娠線が出来なかったりすると、「私は妊娠線が出来ない体質なんだ」と思い込むパターンが多く見られます。
第一子の妊娠で、特別なケアをしなかったのに妊娠線が出来ないと、「私は体質的に妊娠線が出来ないのだ!」と強く思い込む傾向があります。

二人目や三人目となると、一気に力が抜けて、「何とかなる」とドーンと構えてしまう人が少なくありません。
また、第二子、第三子の妊娠中は、上の子供のお世話があって、自分のケアまで手が回らないという事情もあります。
妊娠線の予防にマッサージクリームを塗る時間があったら、「その時間、寝ていたい」という気持ちになるのも無理からぬところです。

しかし、第一子の妊娠時より、確実に年齢を加えています。年齢が上がっている分、皮膚の伸びは悪くなっています。
妊娠線は、経産婦ほど出来やすいものです。自分のために時間を使う必要があります。

スポンサーリンク

→美的ヌーボを愛用して妊娠した芸能人や有名人一覧

妊娠線が出来やすいのはこんな皮膚だった!対処法は?

妊娠線は、皮膚が伸びにくいと出来やすくなります。
ほっぺたでも、軽くつまんで引っ張った時に、ぴよーんと伸びる人と伸びない人がいますが、それをイメージしてみましょう。
ぴよーんと伸びないのは、柔軟性を失った肌です。
潤いを失うと、皮膚は柔軟性に乏しくなります。

普段から乾燥肌の人は、妊娠すると、肌が過敏になり、一層カサカサします。
乾燥肌だと、皮膚は伸縮性を失い、妊娠線が酷くなります。
妊娠線を予防するのに必要なのは「保湿」です。
潤いを補う事で、妊娠線が出来やすい経産婦も、妊娠線を防ぐ事が出来ます。

保湿クリームは、「保湿力が高いもの」「皮膚を柔軟にする成分を含んでいるもの」を選ぶようにしましょう。
保湿力が高く、皮膚を柔軟にする作用があるのが、「アルガンオイル」です。
妊娠線を予防する目的で使用する保湿クリームは、アルガンオイル配合のものを選ぶと良いでしょう。

→武井咲の出産予定日は?妊娠中のお腹でドラマ撮影する際に注意すべき点

アルガンオイル配合の保湿クリームならオススメはこちら

アルガンオイル配合の保湿クリームで、オススメなのが、植物由来成分90%以上の「ストレッチケアクリーム」です。
熊田曜子さんも愛用している保湿クリームです。

「ストレッチケアクリーム」は、安心して使える植物コスメです。
パラベンフリー、合成香料フリー、合成着色料フリーです。
真正ラベンダーの香りがして、クリームを塗っている間、リラックスできます。

とろみがあるのに、垂れてきません。塗った直後に洋服を着ても、ベタついたり張り付いたりしません。
しつこくマッサージしなくても、肌によく馴染むので、忙しい経産婦にも負担になりません。
片手でサッと使えるポンプ式です。
塗った後は、「薄いベールで包まれた」ような感覚があり、保湿力を実感します。

1本で150㎖。1日に2~3回使用して約1.5ヶ月分です。
通常価格1本5400円ですが、期間限定増量セットなら2本セットで7800円です。

→熊田曜子さん愛用の妊娠線予防クリームはコチラ

今回のまとめ

熊田曜子さんが第三子妊娠を発表しました。
熊田曜子さんを祝福する声が上がっています。それと同時に、「今まで通り綺麗をキープして欲しい」という声も聞かれます。
二人目、三人目を妊娠した時に、気になるのが妊娠線です。

初産の時には妊娠線が出来なかった人でも、二人目や三人目を妊娠した時に、妊娠線が出来る事が多く見られます。
妊娠線は消えません。また、妊娠中は気づかない事が少なくありません。妊娠中にコツコツとケアをしましょう。

大切なのは、保湿と皮膚の柔軟性を保つ事です。アルガンオイル配合の保湿クリームを塗るようにしましょう。
オススメは、植物由来成分90%の「ストレッチケアクリーム」です。

スポンサーリンク

→二人目を妊娠しない理由!二人目不妊の原因とは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です