仲間由紀恵の出産予定日はいつ?妊娠中流産の心配はなし!?

スポンサーリンク

女優の仲間由紀恵さんが第一子の妊娠を公表しました。「私自身、兄弟の多い環境で育ちましたので、新しい家族が増えることを心待ちにしております。」とコメントを発表しています。仲間由紀恵さんの出産予定日はいつでしょうか?

仲間由紀恵の出産予定日は8月!38歳は妊娠率が著明に低下し始める年齢だった

仲間由紀恵さんは、3月1日時点で妊娠4ヶ月とのこと。出産予定日は2018年8月と考えられます。仲間由紀恵さんは、2014年9月に結婚して以降、仕事を少しずつセーブしてきました。2016年2月には、「放浪記」の千秋楽の記者会見で子作りについて問われ、「そう言っていただけるなら、個人的には考えてもいいと思います。」と答えています。

仲間由紀恵さんは、現在38歳。高齢出産になります。アメリカ生殖学会によると、年齢と自然妊娠の確率には相関関係があります。35歳以降の妊娠数は減少し、特に37~38歳は著明に減少します。「年別 治療周期数」によると、妊娠率は37歳で21.2%、38歳で19.7%です。

→佐々木希ぽっこりお腹で妊娠中!出産予定日はいつ?

2017年に妊娠と流産の噂が流れた事があった!いずれも憶測の域にとどまる

仲間由紀恵さんは、正式に妊娠が公表される前に、「妊娠したのではないか⁉︎」と巷で噂された事があります。2017年1月に「相棒」のPRイベントに出席した時の様子がきっかけでした。かなりふっくらしていたため、「妊活している?」「不妊治療の薬で太ったのか?」という声があがりました。

その後、夫の田中哲司さんの問題が表沙汰になった頃、仲間由紀恵さんの体型が元に戻ったため、「流産した⁉︎」と話題になりました。しかし、この時の「妊娠」と「流産」は、いずれも憶測の域を出ませんでした。

スポンサーリンク

→モデルMALIA.妊娠!?4人の子供の父親は誰が誰なのか!?

38歳は流産率が高まる!妊娠中流産の心配が強いのは妊娠12週まで

2017年に噂された「流産」は憶測の域を出ないものでしたが、そうした噂が広まったのは、37~38歳で流産率が高まるためです。高齢出産と言われる35歳では、流産率は20.6%です。37歳になると、25.3%に上がります。38歳では26.3%です。年齢が上がると、流産率は高くなります。

流産の頻度は、「花林レディースクリニック」によると、妊娠の8~15%とされています。妊娠週数では、次のようになっています。

※妊娠5~7週 全流産の22~44%
※妊娠8~12週 全流産の34~48%
※妊娠13~16週 全流産の6~9%

妊娠12週までの流産の確率が高い事が分かります。妊娠初期流産は流産全体の約9割を占めます。妊娠した女性にとって、まずは妊娠12週を過ぎる事が、安心できる一つの目安になります。

→白石美帆が妊娠したけど高齢出産!長野博はいつパパになる?

今回のまとめ

女優の仲間由紀恵さんが第一子の妊娠を公表しました。出産予定日は2018年8月と考えられます。仲間由紀恵さんは、2017年に妊娠と流産の噂が流れました。この時は憶測の域を出ませんでしたが、37~38歳は流産率が高まります。流産率が非常に高いのは、妊娠12週までです。

スポンサーリンク

→安枝瞳が妊娠出産!古坂大魔王との馴れ初めは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です