西村知美の不妊歴は?不妊治療を受けると障害を持ちやすい?

スポンサーリンク

不妊治療が女性を追い詰め、不妊治療をやめた後で、自然妊娠に至るというケースは、稀ではありません。そうしたケースの一例が、西村知美さんです。西村知美さんの不妊歴は、どのようなものだったのでしょうか?

不妊治療を続けているうちに夫婦喧嘩が増えていった

1997年に結婚した西村知美さん。不妊治療は、長きにわたりました。治療中に流産を2回、経験しています。流産が2回続くことを、反復流産と呼び、妊婦側に原因がないか、調べるのが良いとされています。西村知美さんの場合は、不育症だったのではないかと言われています。

不妊治療を続けても、子供を授からず、西村知美さんは、精神的に参ってしまい、夫婦喧嘩が増えていきました。喧嘩はこじれ、「離婚」という言葉が持ち出された事も、あったと言います。

→ジャガー横田は不妊治療を断念後に妊娠!なぜ治療後に妊娠しやすいの?

不妊治療をやめたら自然妊娠できた

不妊治療を続けることで、追い詰められていく妻に、夫の西尾拓美さんは、不妊治療をやめることを提案します。

西村知美さんも、詩人の相田みつを氏の「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」という言葉に、感じるものがあったと言います。子供を授かることを、優先順位の5~6番に設定し直したところ、自然妊娠をしました。不妊治療をやめた1年後のことです。

不妊歴が長い女性には、しばしば同じような事が起こります。不妊治療がストレスになり、普段は生殖器に働きかけている、視床下部から下垂体へのルートが、ストレスに対応するホルモンを分泌するようになるのが、原因と考えられています。

スポンサーリンク

→杉山愛の不妊の原因!不妊治療→体外受精で子供を授かった?

不妊治療と障害は関係するの⁉︎ありえない噂も流れた理由は?

ようやく授かった第一子。2003年8月に生まれた子供を、西村知美さんは、紹介しました。公開された顔写真を見て、ネットで囁かれたのが、赤ちゃんの顔が、ママに似ていないことへの違和感。

「不妊治療を受けると、障害を持ちやすいの?」という声まで上がりました。旦那に似ていたというのが、実情です。

不妊治療を受けることで、赤ちゃんが何らかの障害を持つのではないかと、不安を抱える人は、少なくありません。

発達障害の確率が高くなるのではないかと懸念する人も、多いようです。アメリカの研究によると、発達障害を発症する確率に、自然妊娠によって生まれた子供も、不妊治療によって生まれた子供も、有意差はないとされています。

→はしのえみの不妊治療法!高齢出産でも元気な子供を産むには?

今回のまとめ

不妊歴が長かった西村知美さん。不妊治療によって精神的に追い詰められ、夫の助言もあって、不妊治療をやめます。不妊治療をやめて1年後、自然妊娠に至ります。

自然妊娠によって授かった子供の顔は、旦那さん似。そのことで、ネットでは「障害があるの?」という事も言われたことがありますが、不妊治療によって、子供に障害が現れるということは、アメリカの研究でないとされています。

スポンサーリンク

→山瀬まみに子供がいない理由!不妊治療は行っていたのか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です