不妊症を克服した芸能人や有名人

スポンサーリンク

子供が欲しいというのは、女性の多くが抱く夢です。しかし、さまざまな事情から、結婚しても、なかなか赤ちゃんを授かる事ができない人は、少なくありません。不妊症に悩み、不妊症を克服した芸能人には、どんな人がいるでしょうか?

子宮外妊娠で手術を受けたアンジェラ・アキさん

アンジェラ・アキさんが結婚したのは、2007年3月。最初の妊娠で、アンジェラ・アキさんは、子宮外妊娠を経験します。子宮外妊娠とは、本来着床するはずの子宮ではなく、何らかの原因で、受精卵が子宮内膜以外に根を張って着床してしまう事です。

子宮外妊娠の97~98%は、卵管に受精卵が着床したケースです。アンジェラ・アキさんの場合も、卵管に着床し、命の危険があったため、卵管摘出手術を受けます。アンジェラ・アキさんは、「母親になることが長年の夢だった私にとって、精神的にも肉体的にも苦しいことでした」と語っています。

卵管摘出手術を受けると、摘出した側の卵巣から排卵があっても、受精することは難しく、手術後の妊娠率は、20~30%ほど下がるとされています。ただし、子宮外妊娠の手術を行った後は、子宮内がきれいな状態になるため、術後の半年間は、「妊娠のゴールデン期間」とも言われています。アンジェラ・アキさんは、手術後の3~4ヶ月後に再度妊娠できています。

スポンサーリンク

2度の流産の後に妊娠した永作博美さん

永作博美さんが結婚したのは、38歳の時。ひどい冷え性だった永作博美さんは、子供ができにくい体質と言われていたそうです。結婚してすぐに不妊治療を始めています。しかし、2度の流産を経験。永作博美さんは、「一度は子供を持たない人生を受け入れていた」と言います。

病院を変える事を決意し、“流産を繰り返す女性の駆け込み寺”として有名な産婦人科クリニックに通院します。頻繁に不妊治療を受け、39歳で第一子、42歳の時に第二子を授かっています。

ちなみに、38歳の女性が、子供を妊娠するために、排卵日に性交渉をした場合の妊娠率は、約8%加齢とともに、妊娠率は低くなります。早めに不妊症の治療を受けるのが良いと言われています。

なお、第二子妊娠中、永作博美さんは、亜麻仁油を摂るようにしたと言います。亜麻仁油には、血液の循環を促す作用があります。冷え性を少しでも改善し、体を温めようとしたと、永作博美さんは語っています。

今回のまとめ

不妊症に悩む女性は、今日、少なくありません。結婚年齢が上がり、妊娠を望む時には、すでに高齢出産の年齢になっていることが、多いのが、実情です。38歳で結婚して、すぐに不妊治療を開始した芸能人が、永作博美さんです。

また、順調に妊娠したと思っても、子宮外妊娠というアクシデントに見舞われることもあります。子宮外妊娠は、不妊症の一因です。子宮外妊娠を克服した芸能人が、アンジェラ・アキさんです。そうした芸能人たちの今日の笑顔は、不妊症に悩む女性たちの希望です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です