林真理子の不妊治療!体外受精の費用や妊娠確率は?

スポンサーリンク

30代後半になって結婚する女性は、増えています。結婚したら、すぐに不妊治療を始められるかというと、そうも行かない事が、稀ではありません。36歳で結婚し、40歳から不妊治療を始めたのが、林真理子さんです。林真理子さんの不妊治療は、どのようなものだったのでしょうか?

比較的早く体外受精を決めた?反対する旦那を説得

40歳から不妊治療を始めた林真理子さん。タイミング療法から始めたのかどうかは、明かされていません。明らかにされているのは、体外受精に挑戦して、子供を授かったということです。

体外受精に挑戦することは、不妊治療を始めて、比較的早く決めたと言われています。不妊治療に詳しい医師の見解では、30代半ばの女性と40歳前後の女性では、スピード感が違うそうです。

40歳前後で不妊治療を始めた場合、体外受精の選択を迷わない傾向があると言います。林真理子さんは、体外受精に反対する旦那を説得して、体外受精にトライしています。

→野田聖子の不妊治療方法!不妊と子供の障害の関係性

体外受精の成功率は20~40%!女性の年齢が上がるにつれて妊娠確率は下がる

体外受精は、人工授精でも妊娠が難しく、他の方法によっては、妊娠の見込みがないと判断される場合、対象となる不妊治療方法です。高齢で、卵子の老化が進んで、妊娠の可能性が低い場合、卵管が閉塞している場合、子宮内膜症で卵子を卵管に運ぶ機能が損傷している場合などに、体外受精は行われます。

体外受精の成功率は、他の不妊治療方法よりも高く、20~40%です。

ただし、女性の年齢が上がるにつれて、妊娠確率は下がる傾向が、顕著です。25歳では40%ほどの成功率ですが、35歳では35%、38歳になると30%を切り、40歳には、20%以下になります。45歳では、約5%にまで落ちこみます。ちなみに、40歳から不妊治療を始めた林真理子さんは、44歳で出産に至っています。

スポンサーリンク

→山本モナの不妊治療期間!妊娠しやすくするためにやっている事は?

体外受精の費用は25~60万円!着床率が高い方法ほど高額になる

体外受精には、よく用いられている手法だけでも、3種類あります。最も基本的な体外受精の手法が、体外受精・胚移植(IVF-ET)です。受精卵を2~3日ほど培養した後、初期の胚の状態で子宮に戻します。費用は、25~35万円です。

妊娠率が、より高い手法として、近年、選択する人が増えているのが、体外受精・胚盤胞移植(IVF-BT)と凍結胚移植(FET)です。体外受精・胚盤胞移植では、受精卵を5~6日培養して、胚盤胞に成長させてから、子宮に戻します。費用は、30~40万円です。

一時的に凍結させてから移植するのが、凍結胚移植で、母体の子宮内膜などを整えてから、タイミングを見計らって移植できるため、妊娠率がさらに高くなるとされています。費用は、50~60万円です。

→中井美穂と古田敦也の不妊の原因!なぜ不妊治療は成功しなかったのか?

今回のまとめ

40歳から不妊治療を始めた林真理子さんが、トライして、子供を授かった治療方法が、体外受精です。体外受精は、妊娠の成功率が、他の不妊治療方法よりも高く、20~40%とされます。

ただし、女性の年齢が上がるにつれて、妊娠確率は、下がります。40歳では20%以下、45歳になると約5%です。費用は、手法によって異なります。着床率が高い手法ほど高くなり、最も着床率が高いとされる凍結胚移植は、50~60万円です。

スポンサーリンク

→益子直美の不妊治療!なぜ子供を授からなかったのか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です