間下このみの不育症の原因!不育症と出産の関係性!

スポンサーリンク

不育症に悩む女性は、2009年時点で、年間7万人以上と言われています。不育症は、妊娠した女性の2~5%に発生する、身近な問題です。不育症であった事を公表した有名人の一人が、間下このみさんです。間下このみさんの不育症の原因は、何だったのでしょうか?間下このみさんは、どのようにして、出産に至ったのでしょうか?

間下このみの不育症の原因!抗リン脂質抗体症候群ってどんな病気?

間下このみさんは、最初の妊娠で、死産を経験しています。妊娠6ヶ月のことです。2回目の妊娠公表の際に、自らが、特定疾患の1つ、抗リン脂質抗体症候群に罹患していることも、告白しています。

抗リン脂質抗体症候群は、不育症の原因の1つです。自己免疫疾患の一種で、全身の血液が固まりやすくなり、動脈塞栓や静脈塞栓を繰り返す病気です。血液が固まりやすく、赤ちゃんに血液が行かなくなってしまいます。

→梨花も悩んだ不育症とは?不育症の原因や治療法は?

間下このみの不育症の治療法!血栓予防の注射を毎日打った

間下このみさんの場合は、不育症の原因がはっきりしていたため、それに応じた治療を行なっています。

連日、血栓予防の注射を打って、不育症の治療をしたと言います。抗リン脂質抗体症候群を含め、免疫学的異常による不育症に対しては、ヘパリンやアスピリンなどの抗凝固薬による、血栓予防を行なう事が、不育症の治療法です。

間下このみさんは、2007年に、予定日より約1ヶ月早く緊急入院したものの、無事に女児を出産しています。なお、この時の出産は、全身麻酔、帝王切開によるものでした。

スポンサーリンク

→不育症に悩まされた芸能人・有名人

不育症は適切な治療を行なえば出産成功率は平均で約80%

不育症は、間下このみさんのケースのように、原因がはっきりしている場合は、全体の3割程度と言われています。不育症の約半数は、偶然、胎児染色体異常を繰り返した、偶発的流産とされています。不育症のリスク因子の検査によって、リスク因子が見つからなければ、特別な治療を行わなくても、次回妊娠の予後は良好と言われています。

ただし、多くの不育症患者は、複数の危険因子を持っており、ストレスによる危険因子も重なってくるため、治療は、複雑になる事が多いとされます。理想的な不育症治療を行なった場合、1回の妊娠での出産成功率は、平均で約80%と言われています。

→高齢出産を経験した芸能人や有名人

今回のまとめ

間下このみさんが悩まされた不育症は、妊娠した女性の2~5%に発症する、身近な問題です。間下このみさんの場合は、抗リン脂質抗体症候群が原因という事が判明し、血栓予防を行うことで、出産に至りました。不育症の治療は、原因がはっきりしている場合は、それに応じた治療を選択し、出産につなげます。

ただし、多くの不育症患者は、複数の危険因子を持ち、ストレスによる危険因子も重なるため、治療は、複雑になる事が多いとされます。理想的な不育症治療を行なった場合、1回の妊娠での出産成功率は、平均で約80%と言われています。

スポンサーリンク

→子供がいない芸能人や有名人の夫婦

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です