三井ゆりの不妊の原因!どんな不妊治療を経て子供を授かった?

スポンサーリンク

2001年に野口五郎さんと結婚した、三井ゆりさん。当時、野口五郎さん45歳、三井ゆりさん33歳で、年の差婚が、話題になりました。第一子を出産したのは、翌2002年。順調に子供を授かったように見えますが、実は、三井ゆりさんは、不妊治療を受けていたそうです。

排卵障害で排卵誘発剤による治療を受けていた

三井ゆりさんは、排卵障害だったそうです。排卵障害は、珍しいものではありません。何らかの理由で、ホルモンバランスが乱れると、排卵するまで長くかかり、周期が不規則になってしまいます。

排卵周期が不規則になると、排卵の機会が少なくなり、排卵のタイミングが分かりにくくなるため、妊娠しづらくなります。

注意したいのは、排卵の機会が少ないことと卵子の質には、相関関係が無いことです。排卵障害による不妊では、月経周期を整える事が、治療の中心になります。

通常、処方されるのが、クロミッドに代表される、飲み薬の排卵誘発剤です。三井ゆりさんも、排卵誘発剤を使った不妊治療を受けていたそうです。

→野田聖子の不妊治療方法!不妊と子供の障害の関係性

排卵誘発剤との相性が悪かった⁉︎痛いし子宮に水が溜まった

三井ゆりさんは、排卵誘発剤による不妊治療を受けている間、排卵誘発剤の副作用に悩まされたと言います。痛みが強く、眠れないほどだったそうです。また、子宮に水が溜まり、ウエストが80cmにまでなった時期があったと言います。

排卵誘発剤は、ホルモン製剤です。敏感な人は、頭痛、吐き気、お腹の張りなどの症状に悩まされます。ただし、三井ゆりさんの場合は、子宮に水が溜まっているので、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が疑われます。

卵巣過剰刺激症候群とは、卵巣が過剰に刺激され、腫れ上がった状態になる事です。卵巣が、10cmを超えるほど腫れ上がる事も、稀ではありません。

また、血管の中から水分がしみだしてきて、胸水や腹水として溜まります。重症の場合は、生命に関わる事もあり、入院して治療する必要があります。

スポンサーリンク

→なるみの不妊の原因と治療!子供が出来るまでどの位の費用がかかった?

不妊治療を断念する寸前で妊娠!排卵障害で治療の効果が出るまで普通どのくらいかかる?

三井ゆりさんは、排卵誘発剤の副作用が激しく、体調の不良に悩まされました。母体の健康を気遣って、不妊治療をやめることを検討しだした時、妊娠が判明したそうです。

排卵誘発剤を使って、月経周期が整っても、すぐに妊娠するとは限りません。

問題のないカップルが、ちょうど良いタイミングで性交しても、妊娠の確率は20~25%です。そのため、排卵誘発剤を使って排卵障害の治療をする場合、半年くらいは、続ける必要があるとされています。

→西村知美の不妊歴は?不妊治療を受けると障害を持ちやすい?

今回のまとめ

三井ゆりさんは、排卵障害があり、不妊治療を受けたと言います。不妊治療は、排卵誘発剤を使ったものでした。排卵誘発剤が体に合わず、副作用に悩まされたと言います。

三井ゆりさんの語る症状から、卵巣過剰刺激症候群が疑われます。不妊治療を断念する寸前に、妊娠が判明したそうです。

スポンサーリンク

→中尾彬と池波志乃に子供がいない理由!不妊症が原因なのか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です