勝野雅奈恵3度の流産!不妊の原因や治療法は?

スポンサーリンク

2年に及ぶ遠距離恋愛を実らせ、結婚当時、大きな話題になった、勝野雅奈恵さん。2015年に結婚。翌2016年11月に第一子を出産しています。順調に子供を授かったように見えますが、実は、流産を3回経験しています。勝野雅奈恵さんの不妊の原因は、何だったのでしょうか?

辛い流産体験!流産を3回繰り返す確率は?

結婚報告会見で、「子供は2人以上ほしい」と語っていた、勝野雅奈恵さん。しかし、流産を繰り返しました。稽留流産や自然流産を経験。2016年1月には、自然流産を経験して、「トイレで(胎児を)拾った時はつらかった。『強くなって、もう一度私のところに来て』と祈りました」と語っています。

一般に、妊娠の15~20%は、自然に流産するとされています。偶然、2回連続して流産する確率は、2~4%。一応、あり得る確率です。

しかし、3回連続して流産する確率になると、0.3~0.8%。流産を繰り返す、何らかの原因があると考えて、検査を受けるのが良いと言われています。

→三井ゆりの不妊の原因!どんな不妊治療を経て子供を授かった?

繰り返す流産の原因!不育症とはどんな病気なの?

流産を3回繰り返すと、次に流産する確率は、32%と言われています。流産を繰り返さないためにも、検査を受ける事が、勧められています。検査を受けても、原因がはっきりするのは、50%ほどとされています。

ただし、原因が分かることで、流産を繰り返さないための対策が立てられる可能性があり、検査を受ける意味はあります。

反復して妊娠するのに、その妊娠を完遂できず、流産などを繰り返す状態を、不育症と言います。不育症では、勝野雅奈恵さんのような流産だけでなく、早産や死産も、含みます。不育症は、妊娠した女性の2~5%に発生すると言われています。

2009年時点での年間患者数は、7万人以上とされています。

スポンサーリンク

→流産を3回以上経験している芸能人・有名人

不育症の治療法!複数の危険因子を持つケースが多いため複雑になりがち

不育症の治療は、予防治療です。妊娠していない時点で、多くの種類のスクリーニング検査をして、次の妊娠での流産の原因となる、危険因子を予測します。その危険因子が、次の妊娠の際に流産につながらないように、予防するのが、不育症治療の目的です。

多くの不育症患者は、複数の危険因子を持つとされています。また、流産を繰り返したことによるストレスも、危険因子に重なります。そのため、治療は、複雑になりがちと言われています。理想的な治療を行った場合、1回の妊娠での出産成功率は、平均で約80%とされています。

→林真理子の不妊治療!体外受精の費用や妊娠確率は?

今回のまとめ

第一子を授かるまでに、流産を3回経験した、勝野雅奈恵さん。流産を繰り返す状態は、不育症と呼ばれています。不育症の患者は、複数の危険因子を持つケースが多く、治療は、複雑になりがちです。理想的な不育症治療を行った場合、1回の妊娠での出産成功率は、平均で約80%とされています。

スポンサーリンク

→野田聖子の不妊治療方法!不妊と子供の障害の関係性

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です