加藤貴子の不妊治療法!第二子をどうやって授かったのか?

スポンサーリンク

高齢での妊活に加え、男性側にも不妊症が認められたのが、加藤貴子さん夫婦です。2017年3月19日に第二子を妊娠したことを、ブログで報告した加藤貴子さん。赤ちゃんを授かるまでには、夫婦揃っての努力がありました。

男性不妊の原因!加藤貴子さんの旦那さんの場合は乏精子症だった

不妊の原因が、男女ともにあるのは、不妊の24%を占めています。加藤貴子さん夫婦のケースは、24%の1例です。加藤貴子さんの旦那さんの場合、精子の量が、一般男性の10%程度だったと言います。また、運動率も悪く、5%と言われた時もあったとのこと。

精子濃度が1㎖中に1500万個以下の場合、乏精子症となります。また、前進する精子が40%未満の場合、精子無力症と診断されます。乏精子症や精子無力症の原因の1つが、造精子障害です。造精子障害は、精巣の働きが悪いために引き起こされます。ただし、原因が不明のケースもあります。

→ダイアモンドユカイの不妊治療の内容!どうやって子供を授かったのか?

加藤貴子さんの旦那さんは生活全般を見直した

造精子障害の場合は、不妊治療としてホルモン治療を行うことで、精子の数や運動率を改善することができるとされます。ただし、加藤貴子さんの旦那さんが、ホルモン治療を受けたかどうかは、明らかにされていません。

公表されているのは、生活全般を見直したことです。規則正しい生活を送り、毎日、45分のウォーキング。血糖値の上がり方を緩やかにする食事法を採用し、お酒を飲んだら3日控えるようにしたと言います。その結果、自然妊娠できるほどに、状態が改善されたそうです。

スポンサーリンク

→矢沢心の不妊治療法!不妊症の原因や解決策は?

加藤貴子さんはホルモン注射!毎日打つためにお願いするのが大変

加藤貴子さんは、不妊治療として、毎日ホルモン注射を打っているそうです。女優としての仕事をしながらのため、毎日ホルモン注射を打つのが、容易ではありません。ロケ場所が日々変わり、ロケ地から近いクリニックに電話をかけて、注射をお願いするそうです。

現在の治療内容を伝え、代理で注射を打ってもらえないか尋ねても、今のところ、どこも引き受けてもらえないと言います。「うちで治療していない方はお引き受けできません」と断られ続けているため、電話が大きなストレスになっているとのこと。

「いっつも誰かに頭を下げて、お願いして、恐縮している。それが、私の不妊治療に対するイメージです。」と、加藤貴子さんはブログに記しています。

今回のまとめ

第二子を授かり、47歳目前の出産が予定される、加藤貴子さん。加藤貴子さんの場合、旦那さんが精子に問題を抱えていました。旦那さんの生活を改善し、加藤貴子さん自らも、毎日、ホルモン注射を打って、不妊治療に励んだ結果、第二子を授かるという結果を得ました。赤ちゃんとの対面の瞬間が待たれます。

スポンサーリンク

→不妊症を克服した芸能人や有名人

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です