安倍昭恵夫人の不妊の原因!不妊治療で子供は授かったのか?

スポンサーリンク

不妊の原因が、女性のみというケースは、不妊の41%。不妊治療を20歳代で受けたら、誰もが子供を授かるかというと、そうとは言えません。20歳代で不妊治療を受け、残念な結果に終わった女性の1人が、安倍昭恵夫人です。

24歳で結婚!のんびり構えていたが子供はできなかった

近年は、晩婚化が進んでいます。30歳を過ぎて結婚というケースは、珍しくありません。すでに50歳代半ばを迎えている安倍昭恵夫人。夫人が結婚したのは、今ほど晩婚化が進んでいない頃でした。

安倍晋三氏と結婚したのは、24歳の時。おっとりしたお嬢さん育ちの夫人は、「子供は自然にできるだろう」と、のんびり構えていたと言います。しかし、子供はできませんでした。

→加藤貴子の不妊治療法!第二子をどうやって授かったのか?

どのくらいの期間子供ができないと不妊と判断されるのか?

安倍昭恵夫人が、不妊を疑うに至るまで、どのくらいの時間を要したのかは、不明です。ただし、有名な政治家の家に嫁いだため、周囲からの圧迫は大きかったと言います。選挙区での酒席では、後援者に子供を催促され、子供ができないことで否定的な言葉をかけられたと、後日、夫人は涙ながらに語っています。

現在、産婦人科医の間では、結婚後、夫婦の間でタイミングをとって1年間夫婦生活を営んでいても、妊娠がない場合に、妊娠しない原因があると考えるのが妥当としています。特に、20歳代半ばでは、不妊の原因が無いカップルでは、1年間で、ほぼすべての人が妊娠するとされています。

スポンサーリンク

→ダイアモンドユカイの不妊治療の内容!どうやって子供を授かったのか?

女性の不妊!問題となるのは3つの因子

女性の不妊の原因は、3つの因子に大別されます。排卵に関係する因子、卵管に関係する因子、子宮に関係する因子です。子宮内膜症や多嚢胞性卵巣症候群があれば治療し、卵管が詰まっていれば、体外受精によってバイパスすることができます。

安倍昭恵夫人の場合、不妊の原因は明かされていません。不妊治療を何年続けたのかも、語られていません。結婚初期に不妊治療を受けたものの、結局子供を授からず、夫の安倍晋三氏から養子縁組の提案をされた時には、「子育てする自信がない」と断ったと言います。

→矢沢心の不妊治療法!不妊症の原因や解決策は?

今回のまとめ

いつも元気な安倍昭恵夫人。しかし、安倍昭恵夫人が、今も涙する経験が、不妊治療です。結婚当初、のんびり構えていて、子供ができず、不妊治療を受けたものの、結局、子供は授かりませんでした。

政治家の妻として、後援者からの圧迫が大きかったと言います。豪快な安倍昭恵夫人にして、今も、不妊の原因や不妊治療の期間を明かす気にさせないようです。

スポンサーリンク

→不妊症を克服した芸能人や有名人

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です