黒木瞳のケース!38歳で高齢出産したけど不妊治療はしてた?

スポンサーリンク

美しさに衰えが見られない、黒木瞳さん。38歳で高齢出産した芸能人としても、有名です。結婚は、1991年。出産したのは、1998年。結婚から7年目に子宝を授かったことになります。

黒木瞳のケース!有名な×××に出演した直後の妊娠だった

黒木瞳さんの名を広めたのが、映画「失楽園」。社会現象にもなった作品です。「失楽園」で、黒木瞳さんは、日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を獲得しています。「失楽園」は、1997年の作品です。

黒木瞳さんの妊娠は、「失楽園」の撮影を終えた直後になります。ハードな撮影の合間に、黒木瞳さんが、不妊治療を行なっていたという話は、漏れ聞こえてきません。

→はしのえみの不妊治療法!高齢出産でも元気な子供を産むには?

37歳以降に不妊治療を始めるとしたら?1年待たない方がいいの?

黒木瞳さんが、不妊治療を行なっていたかどうかは、不明です。ただし、38歳で高齢出産するというのは、今日では、けっして稀なケースではなくなっています。晩婚化が進み、不妊治療専門のクリニックの中には、通院している患者の平均年齢が、40代になったというところもあります。

不妊の定義は、子供を望む健康なカップルが、避妊をせずに1年経っても子供を授からない場合とされています。ただし、30代後半以降、不妊治療を行うなら、1年待たずに通院を始めるのが良いとされています。

年齢が上がるにつれて、1回の不妊治療で妊娠できる確率は、低くなっていくためです。具体的には、37歳以上になったら、半年くらいで、通院を始めるのが好ましいと言われています。

スポンサーリンク

→高齢出産を経験した芸能人や有名人

高齢で不妊治療を受ける場合!早く妊娠するには×××から始めるのがいい⁈

不妊治療は、ステップアップ方式をとるのが普通です。ただし、30代後半以降に不妊治療を始めた場合、早く妊娠することを最優先するならば、体外受精から始めるのが得策と言われています。

高齢で、不妊の原因が不明の場合、年齢による妊娠率の低下が、主な原因と考えられるためです。

女性が高齢になると、さまざまな理由で、卵管の機能低下のリスクが高まります。検査で問題なしという結果が出ていても、何周期に1回は、卵管が働かず、卵子と精子が出会えていない可能性があります。体外受精は、女性が高齢になった時に想定されるリスクを、回避できます。

→永作博美の不妊症の原因!不妊治療をどうやって克服した?

今回のまとめ

38歳で高齢出産した、黒木瞳さん。黒木瞳さんが不妊治療を行なっていたかどうかは、不明です。もし、黒木瞳さんが出産した年齢に近い頃から、不妊治療を行うとしたら、通院を始めるのは、子作りを考えてから1年待つ事はないとされています。

また、早く妊娠することを最優先にするならば、体外受精から始めるのが得策と言われています。体外受精なら、女性が高齢になった時に想定される、卵管の機能低下のリスクを回避できるためです。

スポンサーリンク

→杏が第3子妊娠!早いけど大丈夫?すぐ妊娠すると何がまずいのか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です