帝王切開で子供を産んだ中澤裕子!高齢出産だと確率は高くなる?

スポンサーリンク

帝王切開がどのような状況で行われるかを、具体的に明かしてくれた芸能人の1人が、中澤裕子さんです。中澤裕子さんは、どんな状況で、帝王切開を受ける事になったのでしょうか?中澤裕子さんが帝王切開で第一子を出産したのは、39歳の時でした。高齢出産だと帝王切開の確率は、高くなるのでしょうか?

中澤裕子のケース!陣痛が来ても子宮口が開いていない

中澤裕子さんが、陣痛に襲われたのは、妊娠9ヶ月の後半に入った頃です。突然の破水。陣痛が来ても、子宮口は、開いておらず、痛みだけが、どんどん強くなっていったと言います。いくら待っても、子宮口が開かず、痛みと闘うこと、30時間。

意識が朦朧として来た時、帝王切開に切り替える事が決まります。麻酔が効いて、医師の声がぼんやりしてきたと思った、次の瞬間には、元気な産声が聞こえ、中澤裕子さんは、「赤ちゃん、生きてる!」と思い、号泣したそうです。

→帝王切開で子供を産んだ芸能人や有名人

子宮口がなかなか開かないのは高齢出産だから⁉︎子宮口が開かないとどんな事になり得るのか?

陣痛が強く、頻繁になっても、子宮口が開かないというケースは、中澤裕子さんに限らず、高齢出産では、しばしば見られます。子宮口が開かないと、赤ちゃんは、通り抜けられません。また、膣壁が固くなっていても、赤ちゃんが通り抜けられる大きさに広がりません。

そうした状態が長時間続くと、赤ちゃんに負担がかかります。赤ちゃんが通常よりも小さめの場合は、陣痛のストレスがきついと、赤ちゃんの心拍が下がる事があります。

胎児の心拍は、基本的に100~160ありますが、ストレスがきついと、60位まで下がってしまいます。帝王切開が選ばれる状況です。

スポンサーリンク

→芸能人の子供に障害を持つ子が多い理由!高齢出産と関係しているのか?

高齢出産では帝王切開の確率は高くなる!トラブルが生じた場合のリスクが高くなるから

帝王切開による出産は、35歳未満では、15.5%とされています。しかし、高齢出産にあたる35歳以上では、実に46.1%まで確率が上がります。

高齢出産では、出産に際してトラブルが生じた場合のリスクが、高くなります。医師から普通分娩からの変更を提案されて、帝王切開を選択するケースが、多くなります。

また、高齢出産では、陣痛を乗り越える体力的な自信が無いとして、妊婦の方から帝王切開を望むケースも、増えていると言います。

→子供がダウン症と公表している芸能人!高齢出産が主な原因なのか?

今回のまとめ

39歳で第一子を出産した、中澤裕子さん。中澤裕子さんは、急な破水に続き、予想外の長時間、陣痛に苦しみました。陣痛が強くなっても、子宮口が開かず、帝王切開で子供を産んでいます。

中澤裕子さんのようなケースは、高齢出産では、しばしば見られます。高齢出産では、出産に際してトラブルが生じた場合のリスクが高くなり、帝王切開の確率が、高くなっています。

スポンサーリンク

→高齢出産で子供を無事に産んだ坂上みき!高齢での障害のリスクは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です