太田光代の不妊の原因は夫の太田光?不妊治療でも改善は不可?

スポンサーリンク

多くの妊活雑誌でインタビューに答えている、太田光代さん。夫の太田光さんが、男性不妊症であることも公表しています。太田光代さんの不妊治療は、どのようなものだったのでしょうか?

不妊治療を開始したのは36歳!夫の太田光が男性不妊症だった!

太田光代さんが結婚したのは、26歳の時。仕事にかまけて、いつしか、30歳代半ばになります。子供が欲しくなって不妊治療を始めたのは、36歳の時です。その時、夫の太田光さんも一緒に検査を受け、男性不妊症であることが判明します。

太田光さんの不妊の原因は、乏精子症でした。乏精子症は、造精機能障害によって、射出された精液中の精子濃度が低い状態です。乏精子症では、自然妊娠は難しいと言われています。

→秋野暢子の不妊の原因と不妊治療の成果は?

排卵誘発剤の副作用がひどく不妊治療を一旦中断

太田光代さんは、2回不妊治療を受けています。最初は、36歳からの3年間。排卵誘発剤を使っています。排卵誘発剤は、主に、排卵障害や生理不順、無月経の治療に用いられますが、不妊治療では、薬で卵巣を刺激することによって、良質な卵子を育てるために使われます。

不妊治療では、排卵誘発剤は、排卵に問題が無い女性や不妊の原因が特定できない場合にも、用いられています。排卵誘発剤を使うことで、確実に排卵を起こさせ、妊娠の成功率を上げることができるとされています。人工授精では、1回の妊娠の成功率は、通常は7~10%ですが、排卵誘発剤を用いると、10~15%に上昇することが分かっています。

ただし、排卵誘発剤には、副作用もあります。飲み薬の中で最もポピュラーな薬として知られる「クロミッド」には、発疹、頭痛、のぼせ、お腹の張り、更年期やうつ病に似た症状などの副作用が、報告されています。太田光代さんも、ホルモンバランスが崩れ、体重が大幅に減少してしまったと言います。

スポンサーリンク

→安倍昭恵夫人の不妊の原因!不妊治療で子供は授かったのか?

40代後半で顕微授精に挑戦!40代後半での成功率は?

太田光代さんが2回目の不妊治療にトライしたのは、40代後半。この時、顕微授精に挑戦しています。顕微授精は、採取した精子と卵子を、人の手で受精させて受精卵を作り、子宮に戻す方法です。受精卵を作る際に、精子を卵子に直接注入するのが、特徴です。精子の数が異常に少ないケースで、採用されることが多いとされます。

太田光代さんの場合、着床に失敗してしまっています。顕微授精は、30代後半では、成功率は25%くらいとされていますが、40歳で15%ほど、40代後半では5%未満です。

→加藤貴子の不妊治療法!第二子をどうやって授かったのか?

今回のまとめ

太田光代さんの不妊の原因は、半ばは、夫の男性不妊症にあったと言えます。排卵誘発剤は、排卵障害の治療のためだけでなく、人工授精や体外受精などの不妊治療でも、幅広く使用されています。

排卵誘発剤の副作用で体調を崩した太田光代さんは、不妊治療を一旦中断し、40代後半で、顕微授精にトライしています。しかし、着床に失敗。原因として考えられるのは、女性の年齢的な問題と思われます。顕微授精の成功率は、40歳以降、急速に低下し、40代後半では5%未満とされています。

スポンサーリンク

→ダイアモンドユカイの不妊治療の内容!どうやって子供を授かったのか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です